『楽器分類学』【楽器学①】

楽器 論 編曲(アレンジ)

『楽器分類学とは』

楽器を分類するための学問のこと(そのまんまかーいw)

まぁ簡単に言うと、「音の出る仕組みで楽器を分類した方法」とでもいいましょうか。

よく西洋で使われる分類法、「弦楽器」「管楽器」「打楽器」では基準がぶれぶれになるらしく、学問的にあやふやな部分が残るため『楽器分類学』が考案されたそう。

たとえば「ピアノ」は「鍵盤楽器」と呼ばれるが、音を出す仕組み的に「弦楽器」とも「打楽器」ともいえるので、学術的にはNGだとか。

他には「木管楽器」である「フルート」は素材に金や銀が多く使われており、厳密には「木管」とはいいづらく、また「金管」の形状をしていないため「金管楽器」に分けるわけにもいかない。

た、たしかに…前からちょっと思ってたかも(-_-;)

 

19世紀のアメリカの音楽学者クルト・ザックスは以下の様に述べている。

(前略)「これはちょうど、アメリカ人をカリフォルニアの人と銀行家とカトリック信者に分けるのと同じ」である Wikipediaより引用

 『楽器分類学のいいところ』

  • 音色がイメージしやすい→音色選びのとき便利!
  • 楽器の組み合わせを考えやすい→アレンジの構想をしやすい! 音色を統一したり、また、メリハリを付けるために違う音色の要素を加えたいときとか。

 

『体鳴楽器』

  • 弦や膜(皮)を用いることなく、本体の振動によって音を出す楽器。
  • 拍子木、カスタネット、シンバル、トライアングル、オルゴールなど。
  • 歯切れのいい、鋭く、硬い響きのある音色。

『膜鳴楽器』

  • 筒の口に膜を張って、その振動で音を出す楽器。
  • 日本では総称して「太鼓」と呼ばれる。
  • スネア、ティンパニ、コンガ、タンバリン、鼓(つづみ)など。
  • 叩く場所や素材によっては音の高さや質感が変わる。
  • 「ポンッ」「ドンッ」と破裂するような乾いた音色。

『弦鳴楽器』

  • 弦の振動によって音を出す楽器。
  • ヴァイオリン、ギター、ピアノ、ハープ、マンドリンなど。
  • サスティーン(響きの余韻)が長いのが最大の特徴。
  • しっかりとした響きと倍音のある豊かな音色。

『気鳴楽器』

  • 空洞内部の空気の振動によって音を出す楽器。
  • 旧来の分類法では「管楽器」と呼ばれる。
  • パイプオルガン、ハーモニカ、オカリナ、トランペットなど。
  • 「歌(のど)」もこちらの部類に入る。「世界一難しい楽器」とも言われている。らしい…
  • 空間を包み込むように広がる音色、他の分類の楽器にはない、空気独特の柔らかさが含まれている。

『電鳴楽器』

  • 電磁気力によって音を出す楽器。
  • 電気楽器と電子楽器に分かれる。
  • 20世紀ごろに登場し、ポピュラー音楽の発展に大きく貢献した楽器。
  • エレキギター、シンセサイザー、サンプラー、テルミンなど。
  • 音質、音色、音圧、音量、サスティ―ンを自由に調節できる。
  • 音色は多岐にわたるが、一貫してぬくもりのないサイバーチックな印象(個人的な感想)。

 

まぁ、アレンジとかする上で参考になれば嬉しいな。

 

またね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました