ダブステップの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㉟】

ダブステップの特徴と歴史 楽曲・ジャンル辞典
ダブステップの特徴と歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダブステップの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㉟】

今回は、ダブステップについての音楽的特徴や歴史をわかりやすく解説します。

ダブステップは、低音の強調と独特のリズムに特徴付けられるエレクトロニック・ダンスミュージックのジャンルです。通常、140BPM(1分間あたりのビート数)のテンポで制作され、強力なベースラインやドロップが特徴的です。典型的なダブステップ曲では、ビートが半分になることがあり、”wobble bass”と呼ばれる特徴的な低音の振動が使われます。

ダブステップ(英語: dubstep)は、1990年代後半に南ロンドン(英語版)で生まれたエレクトロニック・ダンス・ミュージックのジャンルの1つ。一般的に、密度が低く、三連符やシンコペーションを用いたリズムパターンと、サブベース(英語版)の周波数帯が張り出していることに特徴づけられる。本スタイルは2ステップ、ダブ、およびジャングル、ブロークンビーツ、グライムといった関連スタイルの系統を利用し、UKガラージの派生物として出現した[1][2]。イギリスにおいて、本ジャンルの起源は1980年代初頭のサウンド・システム・パーティー・シーンの発展にまでさかのぼることができる[2][3]。トラップ、ベースハウスなどとともにベースミュージックの代表的なジャンルである。

Wikipedia「ダブステップ」より引用

関連記事:EDM(エレクトロダンスミュージック)の音楽的特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㉓】

ダブステップの音楽的特徴

ダブステップは、エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)のジャンルの一つであり、以下のような音楽的特徴を持っています。

1. ウォブルベース: ダブステップの最も特徴的な要素の一つであり、低音のベースが独特の「ウォブル」と呼ばれる振動を生み出します。これは、フィルターやローパスエフェクトを用いて、低周波数の音を変調させることで実現されます。

2. ハーフタイムのリズム: ダブステップの楽曲では、通常の四つ打ちのビートではなく、ハーフタイムのリズムが用いられることがあります。これによって、曲全体に独特のスリリングな雰囲気が生まれます。

3. ドロップ: ダブステップの楽曲では、ビートやメロディーが途切れ、独特のビートパターンやウォブルベースが際立つ部分があります。これを「ドロップ」と呼び、ダブステップの楽曲のクライマックスとなります。

4. サンプリングとエフェクト: ダブステップの楽曲では、ボーカルや音響効果のサンプリングが頻繁に使われます。また、リバーブやディレイなどのエフェクトが多用され、サウンドの深みや空間的な広がりを生み出します。

5. シンプルな構造と重厚なサウンド: ダブステップの楽曲は、しばしばシンプルな楽曲構造を持ちながら、重厚なサウンドや深いベースが特徴です。この独特のサウンドは、クラブやフェスティバルのダンスフロアでのパフォーマンスに最適です。

これらの音楽的特徴が組み合わさり、ダブステップはその独自のサウンドで多くのリスナーを魅了しています。

ダブステップで使われている楽器

ダブステップでよく使われる音色にはいくつかの特徴があります。主なものを以下に挙げます。

1. ウォブルベース: ダブステップの象徴的な音色であり、低音のベースがウォブルと呼ばれる振動を生み出します。この音色は、シンセサイザーのサブベースや低周波数のフィルターを用いて生成されます。

2. シンセサイザーのブラスやストリングス: ダブステップの楽曲では、シンセサイザーで生成されたブラスやストリングスのサウンドがよく使われます。これらの音色は、メロディーやアクセントに使用され、楽曲にダイナミズムやエモーションを与えます。

3. ドラムキットのサンプル: ダブステップの楽曲では、キックドラム、スネア、ハイハットなどのドラムキットのサンプルが頻繁に使用されます。これらのサンプルは、リズムの基盤となり、曲のグルーヴ感を支えます。

4. ヴォコーダー: ダブステップの楽曲では、ヴォコーダーと呼ばれるエフェクトが使われることがあります。これによって、ボーカルや音声が変化し、ロボットのような音色やエフェクトが生み出されます。

5. サンプリングされたエフェクト: ダブステップの楽曲では、さまざまな音響効果やサンプリングが使われることがあります。例えば、エコー、ディレイ、リバーブなどのエフェクトが多用され、サウンドの深みや幅を広げます。

これらの音色が組み合わさり、ダブステップの独特のサウンドが生み出されます。

ダブステップの歴史

ダブステップの歴史は、1990年代初頭にイギリスのサウス・ロンドンでジャングルやガラージの影響を受けながら発展しました。以下に、ダブステップの主な歴史的な出来事を示します。

  • 1990年代初頭: ダブステップの原型が生まれた時期であり、ジャングル、ガラージ、ダブなどの要素を組み合わせて新しい音楽スタイルが生まれました。この時期には、ダークで重いベースラインやエフェクトが特徴的でした。
  • 2000年代初頭: ダブステップのサウンドが次第に定着し、クラブシーンで人気を博すようになりました。ブリストルやロンドンなどの都市で、地元のアーティストたちがダブステップのシーンを形成しました。
  • 2005年頃: ダブステップがメインストリームの注目を集めるようになりました。この時期には、アーティストやプロデューサーが新たなサウンドやスタイルを探求し、ジャンルが多様化し始めました。
  • 2007年 – 2008年: ダブステップが世界的な現象となり、特にアメリカやカナダでの人気が高まりました。この時期には、スクリレックスやスパロウなどのアーティストが新たなサウンドを提示し、ダブステップの普及に貢献しました。
  • 2010年代以降: ダブステップはエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)の一部として定着し、多様なサブジャンルやスタイルが生まれました。これにより、ダブステップのシーンはさらに広がり、世界中で数多くのファンを獲得しました。

今日では、ダブステップはその独自のサウンドやエネルギーで、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの重要なジャンルの一つとして確立されています。

ダブステップで有名なアーティスト

ダブステップの世界には多くの有名なアーティストがいますが、特に著名な人物をいくつか挙げるとすれば、以下のようなアーティストがあります。

  • スクリレックス (Skrillex): 本名はソニー・ジョン・ムーアで、ダブステップやエレクトロニックミュージックの分野で広く知られています。彼は2000年代後半から2010年代初頭にかけて、ダブステップの普及に大きく貢献しました。
  • ゼッド (Zedd): 本名はアントン・ジルモン。彼はダブステップを含む様々なエレクトロニックミュージックのジャンルで活躍しており、多くのヒット曲を生み出しています。
  • フラックス・パヴィリオン (Flux Pavilion): 本名はジョシュ・ステールで、ダブステップの先駆者の一人として知られています。彼の楽曲はダブステップの代表的なサウンドを体現しており、その影響力は大きいです。
  • カスケード (Kaskade): 本名はライアン・リドリーで、エレクトロニックダンスミュージックのシーンで非常に有名なDJ/プロデューサーです。彼の作品にはダブステップの要素が取り入れられていることもあります。
  • ネロ (Nero): イギリスのダブステップ/ドラムンベースデュオで、アルフィー・デイヴィスとダニエル・スティーラーから成ります。彼らの楽曲はダブステップの様々な側面を表現しており、特に「Promises」や「Crush on You」などが人気です。

これらのアーティストは、ダブステップのシーンで重要な役割を果たし、その楽曲や活動によって多くのファンを魅了しています。

ダブステップの名曲

ダブステップの名曲は多岐にわたりますが、その中でも特に代表的なものをいくつか挙げるとすれば、以下のような曲があります。

  • Skrillex – “Scary Monsters and Nice Sprites”: スクリレックスによるこの曲は、ダブステップのヒット曲の一つであり、その独特なウォブルベースとエネルギッシュなビートが特徴です。
  • Flux Pavilion – “I Can’t Stop”: フラックス・パヴィリオンによるこの曲は、ダブステップのクラシックとして知られており、その重厚なベースラインとメロディックな要素が特徴です。
  • Nero – “Promises”: ネロによるこの曲は、エレクトロニックミュージックのクロスオーバーヒットとなり、そのダブステップとドラムンベースの要素が組み合わさったサウンドが特徴です。
  • Zeds Dead – “Adrenaline”: ゼッド・デッドによるこの曲は、そのダークで刺激的なサウンドと力強いビートが印象的であり、多くのリスナーに愛されています。
  • Knife Party – “Internet Friends”: ナイフパーティによるこの曲は、その挑発的な歌詞とユーモラスな要素が特徴であり、ダブステップのクラブシーンで人気を集めました。

これらの曲は、ダブステップの代表的な楽曲の一部であり、その独特なサウンドとエネルギーで多くのリスナーを魅了しています。

ダブステップからの派生ジャンル

ダブステップから派生したさまざまなジャンルがあります。その中でも特に代表的なものをいくつか挙げるとすれば、以下のようなジャンルがあります:

  1. ブロステップ (Brostep): ブロステップは、ダブステップの一種であり、特にアメリカのプロデューサーたちによって開発されました。よりエネルギッシュでアグレッシブなサウンドが特徴であり、スクリレックスやゼッドなどのアーティストがこのジャンルを代表します。
  2. フューチャーベース (Future Bass): フューチャーベースは、ダブステップの影響を受けた新しいエレクトロニックミュージックのジャンルであり、明るいメロディー、フューチャリスティックなサウンド、トラップミュージックの影響を受けたビートが特徴です。
  3. トラップステップ (Trapstep): トラップステップは、トラップミュージックとダブステップの要素を組み合わせたジャンルであり、重いベース、トラップ風のリズム、エレクトロニックなサウンドが特徴です。
  4. チップチューン: チップチューンは、ダブステップのビートとシンセサイザーの音色を8ビットや16ビットのビデオゲーム音楽からインスパイアされたサウンドで再現したジャンルです。ダブステップとチップチューンが融合した曲も存在します。
  5. ダブステップ・ハウス: ダブステップとハウスミュージックの要素を組み合わせたジャンルであり、ダブステップのビートとエレクトロニックなサウンドが特徴ですが、ハウスミュージックのメロディーや構造も取り入れられています。

これらのジャンルは、ダブステップの基本的な要素を受け継ぎながらも、さまざまな音楽性やスタイルを表現しています。

関連記事:トランスの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㉞】

コメント

△54種類以上のプラグインを収録。業界標準の必須プラグインが軒並み揃っているオール・イン・ワン・パッケージ。『WAVES Platinum バンドル』ミキシング&マスタリングはとりあえずこれさえあれば完結できる。迷ったらこれ。初心者にもおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました