ディープハウスの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊳】

ディープハウスの特徴と歴史 楽曲・ジャンル辞典
ディープハウスの特徴と歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ディープハウスの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊳】

今回は、ディープハウスについての音楽的特徴や歴史をわかりやすく解説します。

ディープハウスは、1980年代後半から1990年代初頭に発展したハウスミュージックのジャンルの一つです。その名前が示す通り、ディープハウスは深みのあるサウンドとリラックスした雰囲気が特徴であり、しばしばアトモスフェリックな要素やメロディックな要素が取り入れられます。曲のテンポは比較的ゆっくりとしており、リスナーはそのサウンドに浸ることができます。ディープハウスは、感情的な表現やリラックスした雰囲気を求める人々に人気があります。

ディープ・ハウス (Deep House) とはハウスミュージックを細分化した名称の一つである。

125 BPM前後のテンポで、陶酔感を誘うメロディにシンプルなメインビートで派手過ぎるような音色は避け、緩やかに展開していく曲構成などが特徴で、ディスコガラージュなどブラックミュージックから大きな影響を受けている。

Wikipedia「ディープハウス」より引用

関連記事:ハウスミュージックの音楽的特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㉒】

ディープハウスの音楽的特徴

ディープハウスは、ハウスミュージックのジャンルの一つであり、その音楽的特徴は以下のようになります。

  1. 深いベースライン: ディープハウスの楽曲には、しばしば深くて重いベースラインが特徴的です。これらのベースラインは、低音域で響き、曲全体に豊かなリズムとグルーヴをもたらします。
  2. 緩やかなテンポ: ディープハウスの楽曲は、一般的には比較的緩やかなテンポで演奏されます。これにより、リスナーは曲の流れにゆっくりと浸ることができ、リラックスした雰囲気を楽しむことができます。
  3. シンプルなリズム: ディープハウスの楽曲は、通常、シンプルなリズムパターンを持っています。これにより、リスナーは音楽に没頭しやすくなり、ベースラインやメロディに集中することができます。
  4. アトモスフェリックなサウンド: ディープハウスの楽曲には、しばしばアトモスフェリックなサウンドが取り入れられます。これには、エコー、リバーブ、シンセサイザーなどが含まれ、曲全体に幻想的で空間的な感覚を与えます。
  5. メロディックな要素: ディープハウスの楽曲には、しばしば美しいメロディックな要素が取り入れられます。これらのメロディは、感情的な表現や心地よい雰囲気を生み出し、リスナーを魅了します。

これらの要素が組み合わさり、ディープハウスの独特のサウンドが生み出されます。

ディープハウスで使われている楽器

ディープハウスでよく使われる音色にはいくつかの特徴があります。

  1. ディープベース: ディープハウスの楽曲では、しばしばディープで豊かなベースサウンドが使用されます。これらのベースは低音域で響き、曲全体に力強さやグルーヴを与えます。
  2. シンセパッド: シンセパッドは、ディープハウスの楽曲でしばしば使用される重要な要素です。これらのパッドは、アトモスフェリックなサウンドや幻想的な雰囲気を生み出し、曲全体に深みと空間感を与えます。
  3. ピアノ: ピアノは、ディープハウスの楽曲でよく使われるメロディックな要素の一つです。これらのピアノはしばしば柔らかく響き、感情的な表現やリラックスした雰囲気をもたらします。
  4. フレットレスベース: ディープハウスでは、フレットレスベースがよく使われます。これらのベースは通常、滑らかなトーンとグルーヴ感を持ち、曲全体に深みと柔らかさを与えます。
  5. アンビエントサウンド: ディープハウスの楽曲には、アンビエントなサウンドや自然の音が取り入れられることがあります。これらのサウンドは、アトモスフェリックな効果やリラックスした雰囲気を生み出し、曲に豊かさを与えます。

これらの音色は、ディープハウスの独特のサウンドを形成する重要な要素です。

ディープハウスの歴史

ディープハウスは、1980年代後半から1990年代初頭にかけて、シカゴやニューヨークの地下クラブシーンで発展したハウスミュージックのサブジャンルです。

  1. 1980年代後半: ディープハウスのルーツは、シカゴの黒人やラテン系コミュニティの地下クラブシーンにさかのぼります。この時期、DJやプロデューサーたちは、より感情的でメロウなハウスミュージックを作り始めました。
  2. 1980年代後半から1990年代初頭: ニューヨークの地下クラブシーンでも、ディープハウスの人気が高まりました。この時期、アーティストやプロデューサーたちは、ジャズやソウル、ファンクなどの要素を取り入れ、よりリラックスした雰囲気やアトモスフェリックなサウンドを追求しました。
  3. 1990年代: ディープハウスは、ハウスミュージックの中でも特に重要なサブジャンルの一つとして確立されました。この時期、多くのディープハウスのクラシックが生まれ、地下クラブからメインストリームのクラブシーンに広まっていきました。
  4. 2000年代以降: ディープハウスは、2000年代以降も世界中で人気を維持し、多くのアーティストやプロデューサーが新しいサウンドやアプローチを試みています。特に、ディープハウスのエレクトロニックな要素とポップな要素を融合させた曲が、大きな成功を収めることがあります。

ディープハウスの歴史は、シカゴやニューヨークの地下クラブシーンから始まり、そのサウンドとスタイルは世界中に広まっています。

ディープハウスで有名なアーティスト

ディープハウスの世界には多くの有名なアーティストがいますが、その中でも特に著名な人物をいくつか挙げるとすれば、以下のようなアーティストがあります。

  • Larry Heard (Mr. Fingers)**: ディープハウスの創始者として知られるアメリカのプロデューサーであり、DJです。彼の作品は、ディープで感情的なサウンドと洗練されたメロディーが特徴的であり、ディープハウスのパイオニア的存在として高い評価を受けています。
  • Kerri Chandler: アメリカのDJ兼プロデューサーであり、ディープハウスシーンで長年活動しています。彼の楽曲は、リラックスした雰囲気と深いグルーヴが特徴であり、多くのファンに支持されています。
  • Osunlade: アメリカのプロデューサーであり、ディープハウスやソウルフルハウスの分野で活躍しています。彼の作品は、アフリカンパーカッションやジャズの要素を取り入れた独自のサウンドで知られており、ディープな魅力を持っています。
  • Maya Jane Coles: イギリスのDJ兼プロデューサーであり、ディープハウスシーンで注目されています。彼女の音楽は、ディープでアトモスフェリックな要素が豊富であり、そのサウンドは多くのリスナーに魅了されています。
  • Dixon: ドイツのDJ兼プロデューサーであり、ディープハウスやテクノの分野で高い評価を受けています。彼のセットは、洗練された選曲と深いサウンドが特徴であり、世界中のクラブやフェスティバルで注目されています。

これらのアーティストは、ディープハウスシーンで重要な役割を果たし、そのサウンドとスタイルを世界中に広めてきました。

ディープハウスの名曲

ディープハウスの名曲は数多くありますが、その中でも特に代表的な曲をいくつか挙げるとすれば、以下のような曲があります。

  • Larry Heard (Mr. Fingers) – “Can You Feel It”: ディープハウスの古典的な曲であり、Larry Heardによって制作されたこの曲は、ディープで感情的なサウンドと洗練されたメロディーが特徴です。
  • Kerri Chandler – “Atmosphere”: Kerri Chandlerの代表曲の一つであり、ディープなベースラインとアトモスフェリックなサウンドが特徴的なこの曲は、ディープハウスのエッセンスを象徴しています。
  • Osunlade – “Envision” (Ame Remix): Osunladeの楽曲をAmeがリミックスしたこの曲は、深いグルーヴとアトモスフェリックな要素が絶妙に融合された名曲です。
  • Maya Jane Coles – “What They Say”: Maya Jane Colesの代表曲の一つであり、ディープでダークな雰囲気と魅力的なビートが特徴的なこの曲は、ディープハウスの新しい方向性を示しています。
  • Dixon & Âme – “Rej”: DixonとÂmeによるこの曲は、ディープハウスのクラシックとして高く評価されています。そのシンプルでありながらも効果的なリズムとメロディーが、多くのリスナーを魅了しています。

これらの曲は、ディープハウスのジャンルを代表する名曲の一部であり、そのサウンドとスタイルを象徴しています。

ディープハウスからの派生ジャンル

ディープハウスから派生したさまざまなジャンルが存在します。その中でも特に注目されるいくつかの派生ジャンルを以下に挙げます。

  1. ディープテクノ (Deep Techno): ディープハウスのアトモスフェリックな要素とテクノのグルーヴを融合させたジャンルです。ミニマルなビートとリズムに加えて、深いサウンドスケープやアトモスフェリックな効果が特徴的です。
  2. ソウルフルハウス (Soulful House): ディープハウスの影響を受けつつ、よりソウルフルな要素が強調されたジャンルです。豊かなメロディー、感情的な歌詞、そしてリラックスした雰囲気が特徴です。
  3. ヌディスコ (Nu-Disco): ディープハウスの要素とディスコの要素を融合させたジャンルです。ファンキーなリズムやディスコのサンプル、そしてディープなベースラインが特徴であり、ダンスフロアでの楽しみを提供します。
  4. チルアウト (Chillout): ディープハウスのリラックスした雰囲気やアトモスフェリックな要素を取り入れたジャンルです。ゆったりとしたテンポ、柔らかなメロディー、そして穏やかな雰囲気が特徴であり、リラックスした状態で音楽を楽しむためのジャンルです。

これらのジャンルは、ディープハウスの基本的な要素を受け継ぎながらも、それぞれ独自の音楽性やスタイルを持っています。ディープハウスの影響を受けたジャンルは、エレクトロニックミュージックの多様性を豊かにしています。

 

関連記事:ハードスタイルの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊲】

コメント

△54種類以上のプラグインを収録。業界標準の必須プラグインが軒並み揃っているオール・イン・ワン・パッケージ。『WAVES Platinum バンドル』ミキシング&マスタリングはとりあえずこれさえあれば完結できる。迷ったらこれ。初心者にもおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました