ポピュラーミュージックの6大ジャンルをわかりやすく解説【音楽ジャンル辞典②】

ポピュラー音楽ジャンル 解説 楽曲・ジャンル辞典
スポンサーリンク

ポピュラーミュージック(近現代音楽)の6大ジャンル解説【音楽ジャンル辞典②】

今回は、ポピュラー音楽の6大ジャンルについて解説します。

自分の音楽の幅を広めたいという方は必見です。曲作りの参考に様々なジャンルを研究するのは、新しい発見があるかもしれず、とても有意義かと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

ポピュラー音楽のジャンルの大分類

ポピュラー音楽のジャンルを大きく分類すると以下のジャンルになります。

今や音楽ジャンルは無数にあり多岐にわたりますが、以下のどれかのジャンルの要素や影響は必ずあるといってもよいでしょう。

  1. ロック:ロックンロール、ハードロック、パンクロック、メタル、オルタナティブロックなど。
  2. ポップ:ポップス、ダンスポップ、エレクトロニカ、シンセポップなど。
  3. ヒップホップ/ラップ:ヒップホップ、ラップ、トラップ、R&Bなど。
  4. ジャズ:ビバップ、フュージョン、スウィング、モダンジャズなど。
  5. カントリー/フォーク:カントリーミュージック、フォークミュージック、ブルーグラスなど。
  6. R&B/ソウル:ソウル、ファンク、モータウン、ディスコなど。
  7. レゲエ/ダブ:レゲエ、ダブ、ダンスホールなど

さらに、ポピュラー音楽の各ジャンルのルーツにあたるジャンルは以下の6つがあげられます。

ポピュラーミュージックの6大ジャンル

  1. ブルース:アメリカ合衆国のアフリカ系アメリカ人の間で発展した音楽ジャンルであり、感情を込めた歌詞と特徴的な音楽様式が特徴です。
  2. ジャズ:アメリカ合衆国の黒人コミュニティーで発展した音楽ジャンルで、即興演奏やリズムの複雑さが特徴です。
  3. ゴスペル:アメリカ合衆国の黒人キリスト教の礼拝で歌われる音楽で、精神的なメッセージや合唱が特徴です。
  4. カントリー:アメリカ合衆国の農村地域で発展した音楽ジャンルであり、牧歌的なテーマやストーリーテリングが特徴です。
  5. ロックンロール:アメリカ合衆国の白人と黒人の音楽文化が融合した音楽ジャンルで、リズム&ブルースやカントリーの要素を取り入れた楽曲が特徴です。
  6. ポップ:ポピュラー音楽の一部として広く知られる音楽ジャンルであり、広範な聴衆に向けて制作された楽曲や親しみやすいメロディが特徴です。

これらのジャンルは、ポピュラー音楽の多くの側面や特徴に影響を与えています。

作曲活動をされている方は上記のジャンルについて研究することで、自分の音楽の土台をしっかりさせる手助けになるかと思います。

それぞれが人種や国境を超えて、実に多くの人々から受けていれられて世界的に広まっていったジャンルです。

人の心を惹きつける音楽的な要素を、自分なりに分析して自分の音楽に取り入れてみてください。

それでは!

関連記事:音楽の歴史【音楽ジャンル辞典①】

コメント

タイトルとURLをコピーしました