ラグタイムの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊹】

ラグタイムの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊹】 楽曲・ジャンル辞典
ラグタイムの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊹】
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラグタイムの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊹】

今回は、ラグタイムについて音楽的特徴や歴史をわかりやすく解説していきます。

ラグタイムは、19世紀末から20世紀初頭にアメリカで発展したピアノ音楽のジャンルです。躍動感のあるリズムや明るいメロディーが特徴であり、スコッツのリズムやストライド奏法などが用いられます。

ダンスホールや娯楽施設で人気を博し、スコッツ・ジョプリンなどの作曲家やピアニストによって多くの名曲が生み出されました。その明るく楽しい音楽性と独特のリズム感が、多くの人々に愛されています。

ラグタイム (ragtime) は、19世紀末から20世紀初頭(記載ある楽譜の出版年とされる1897年ごろから第一次大戦ごろまで)[1]にかけて、アメリカを中心として流行した、黒人音楽に強い影響を受けた音楽ジャンルである。リズムのシンコペーション(強調)が大きな特徴である。

Wikipedia「ラグタイム」より引用

関連記事:ジャズの音楽的特徴と歴史【音楽ジャンル辞典④】

ラグタイムの音楽的特徴

ラグタイムは、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカで発展したピアノ音楽のジャンルで、以下の音楽的特徴を持っています。

スコッツのリズム

ラグタイムの特徴的なリズムは、左手がスコッツのリズム(即ち、1/4音のオフビートを強調するリズム)を奏でることによって生み出されます。このリズムが、ラグタイムの楽曲に独特の躍動感を与えています。

ピアノのストライド奏法

ラグタイムのピアノ演奏には、ストライド奏法がよく使用されます。これは、左手が低音のシングルノートを弾きながら、右手が和音やメロディーを演奏するスタイルです。

活気あるメロディー

ラグタイムの楽曲は、活気に満ちたメロディーが特徴です。明るく陽気な雰囲気があり、踊りやすいリズムが観客を楽しませます。

コミカルな要素

ラグタイムの楽曲には、時にコミカルな要素が取り入れられることがあります。ユーモアやエンターテイメント性が重視され、楽しい雰囲気が醸し出されます。

短い楽曲構成

ラグタイムの楽曲は一般に短い時間内で演奏されることが多く、短い楽曲構成が特徴です。これは、ダンスホールや娯楽場での即興演奏に適した形式として発展しました。

これらの特徴が組み合わさり、ラグタイムは楽しい雰囲気と独特のリズム感を持つ音楽ジャンルとして知られています。

ラグタイムで使われている楽器

ラグタイムの楽曲では、主にピアノが使われることが一般的です。ピアノがラグタイムの主要な楽器として機能し、ストライド奏法やスコッツのリズムを弾きながら、明るいメロディーやリズムを奏でます。

他にも、以下の楽器や要素がラグタイムの演奏に使用されることがあります。

ヴァイオリン:ピアノと一緒に演奏されることがあり、メロディーの重要な部分を担います。ヴァイオリンの音色がラグタイムの楽曲に豊かさと深みを加えることがあります。
バンジョー:バンジョーは、一部のラグタイムの楽曲でリズムパートとして使用されることがあります。その明るい音色が、楽曲に陽気な雰囲気を与えます。
ブラス楽器:一部のラグタイムの演奏では、トランペットやトロンボーンなどのブラス楽器が使われることがあります。これらの楽器が、楽曲に華やかさや豪華さを加えます。
ドラム:ラグタイムのリズムをさらに強調するために、ドラムが使用されることがあります。特に、大きなダンスホールや舞台での演奏では、ドラムの存在感が重要です。

これらの楽器や要素が組み合わさり、ラグタイムの楽曲が生み出されます。ピアノが中心となりながらも、他の楽器がアクセントを加え、楽曲に多彩な音色と豊かな表現力を与えます。

ラグタイムの歴史

ラグタイムは、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカで発展した音楽ジャンルです。その歴史は次のように要約されます。

  1. アフリカ系アメリカ人の影響:ラグタイムの起源は、アメリカの南部で奴隷制度下で生活していたアフリカ系アメリカ人の音楽にまで遡ります。奴隷の労働歌や宗教音楽などが、後のラグタイムに影響を与えました。
  2. ピアノの発展:ラグタイムの音楽は、ピアノがアメリカの家庭で一般的になったことによって発展しました。特に、南部やミシシッピ川流域で演奏されたブルースやジャズの要素が、ラグタイムに取り入れられました。
  3. スコッツ・ジョプリンの登場:ラグタイムの黄金時代に最も影響力のある人物の一人がスコッツ・ジョプリンです。彼の作品は、ラグタイムをアメリカの主流の音楽ジャンルの一つに押し上げました。彼の代表曲である「ピアノ・ロール・ブルース」は、広く知られています。
  4. 興隆と衰退:ラグタイムは、1900年代初頭に全盛期を迎え、ダンスホールや娯楽施設で人気を博しました。しかし、ジャズやスウィングなどの新しい音楽ジャンルの台頭により、ラグタイムの人気は次第に衰退していきました。
  5. 復興:1970年代になると、ラグタイムは一部の音楽愛好家やピアニストによって再評価され、復興の兆しが見られました。ラグタイムの音楽は、クラシック音楽やジャズの一部として、現代の音楽シーンでも根強い人気を保っています。

ラグタイムの歴史は、アメリカの音楽文化と歴史において重要な位置を占めています。そのリズミカルで陽気な音楽は、今日でも多くの人々に愛され続けています。

ラグタイムで有名なアーティスト

ラグタイムの黄金時代に活躍した多くの優れたピアニストや作曲家がいます。その中でも特に有名なアーティストをいくつか挙げますね。

スコッツ・ジョプリン (Scott Joplin):ラグタイムの王として知られるスコッツ・ジョプリンは、数々の傑作を残しました。彼の代表曲には「エンターテイナー」や「ピアノ・ロール・ブルース」などがあります。
ジェームズ・P・ジョンソン (James P. Johnson):ハーレム・ストライド・ピアノの先駆者として知られるジェームズ・P・ジョンソンは、ラグタイムの名ピアニストです。彼の作品には「カロリナのハンバーグ」や「キング・ポーター・ストンプ」などがあります。
ジョセフ・ランプス (Joseph Lamb):スコッツ・ジョプリンやジェームズ・P・ジョンソンと並び称されるラグタイムの巨匠の一人です。彼の作品には「ラグタイム・ナイトニングエール」や「クライシス」などがあります。
ジェイムズ・スコット (James Scott):ラグタイムの作曲家として活躍したジェイムズ・スコットは、多くの名曲を生み出しました。彼の作品には「グレイス・アンド・ビューティー」や「フロンティア」などがあります。

これらのアーティストは、ラグタイムの黄金時代に活躍し、その作品は今日でも多くの人々に愛され続けています。彼らの音楽は、ラグタイムの魅力と伝統を象徴しています。

ラグタイムの名曲

ラグタイムには数多くの名曲がありますが、その中でも特に有名な曲をいくつか挙げます。

 

「エンターテイナー」(The Entertainer) by スコッツ・ジョプリン (Scott Joplin)

この曲は、おそらくラグタイムの最も有名な曲の一つです。明るいメロディーとスコッツ・ジョプリン独特のリズムが特徴です。

 

「マップル・リーフ・ラグ」(Maple Leaf Rag) by スコッツ・ジョプリン (Scott Joplin)

もう一つのジョプリンの代表曲であり、ラグタイムのクラシックとして知られています。躍動感あるリズムと楽しいメロディーが特徴です。

 

「カロリナのハンバーグ」(Carolina Shout) by ジェームズ・P・ジョンソン (James P. Johnson)

ジェームズ・P・ジョンソンによるこの曲は、ハーレム・ストライド・ピアノの代表的な曲の一つです。力強いリズムと独特のメロディーが特徴です。

 

「ラグタイム・ナイトニングエール」(Ragtime Nightingale) by ジョセフ・ランプス (Joseph Lamb)

ジョセフ・ランプスによるこの曲は、ラグタイムの名曲の一つです。華麗なピアノ演奏と美しいメロディーが魅力的です。

これらの曲は、ラグタイムの魅力を象徴し、多くの人々に愛され続けています。

ラグタイムからの派生ジャンル

ラグタイムは、その特徴的なリズムやスタイルが他の音楽ジャンルにも影響を与え、さまざまな派生ジャンルが生まれました。その中で特に注目される派生ジャンルをいくつか挙げるとすれば、以下のようなものがあります。

ハーレム・ストライド:ラグタイムの要素を取り入れながら、より洗練されたピアノ演奏スタイルを特徴とする音楽ジャンルです。ジェームズ・P・ジョンソンやファッツ・ウォーラーなどのピアニストによって開拓されました。
ピアノ・ブルース:ラグタイムのリズムやピアノの奏法を取り入れたブルースのスタイルです。アルバート・アモンズやローズタ・ストーンなどのピアニストが、このジャンルの先駆者として知られています。
ニューオリンズ・ピアノ:ラグタイムやブルース、ジャズの要素を取り入れながら、ニューオリンズの独自の音楽スタイルを表現したジャンルです。ジェームズ・ブラッド・ブラックなどのピアニストが代表的なアーティストです。
ラグジャズ:ラグタイムのリズムやメロディーをジャズのスタイルで演奏した音楽ジャンルです。ラグタイムとジャズの融合によって生まれました。これには、ジェームズ・P・ジョンソンやフェッツ・ウォーラーなどのアーティストが関わっています。

これらの派生ジャンルは、ラグタイムの音楽性やエッセンスを保ちながらも、それぞれ独自の発展を遂げました。ラグタイムの影響は、アメリカの音楽文化において広く見られ、さまざまな形で現代の音楽にも継承されています。

 

関連記事:ブギの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊸】

コメント

△54種類以上のプラグインを収録。業界標準の必須プラグインが軒並み揃っているオール・イン・ワン・パッケージ。『WAVES Platinum バンドル』ミキシング&マスタリングはとりあえずこれさえあれば完結できる。迷ったらこれ。初心者にもおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました