一般的な作曲法の種類【作曲講座】

一般的な作曲法の種類【作曲講座】 作詞・作曲
一般的な作曲法の種類【作曲講座】
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、「作曲法の種類」について解説していきます。

まあ要するに「どこから作曲を始めるの?」という曲作りの一番最初のとっかかりをどうするのか、的な話をしていこうと思う。

参考になれば幸いです。

関連記事:メロディづくりの基本とコツ【作曲講座】

一般的な作曲法の種類【作曲講座】

よくある一般的な作曲法は主に7つ。ぜひいろいろ試して「この初め方だと作曲がやりやすいな~」というのを見つけてみてほしい。

1、歌詞重視型

歌詞の内容、言葉のイントネーションを大事にしていく方法。

歌詞を読みながら自然に出てくるメロディーを積み重ね、つなげていく。

  • 長所:楽器がなくても鼻歌だけでできる。
  • 短所:パターン化、マンネリ化しやすい。

2、メロディー先行型

歌詞もコード進行も全くない状態でメロディーをつなぎ合わせていく方法。いわゆる「鼻歌作曲」はこれにあたる。

  • 長所:メロディーに制約がない。制約がない分、感情が出しやすい。
  • 短所:そこに歌詞をのせたときに、修正する部分が少なからず出てくる。言葉のイントネーションとメロディーが逆になったりする場合があるので注意。

3、サビ先行型

一番「盛り上がる」部分から作っていく方法。サビを中心にその他のパートを考えていく。

  • 長所:インパクトのあるサビを作りやすい。
  • 短所:AメロBメロが埋もれやすく、また、サビと似たようなテンションになりやすい。

4、コード先行型

コード進行をまず決定し、そこに合うメロディーをのせていく方法。上級者向け。

  • 長所:曲の全体構成が決めやすい。
  • 短所:鍵盤楽器が両手で弾け、即興が出来る人にだけ有効な方法であること。

5、メロディー、コード同時進行型

鼻歌などでメロディーを付けながら、伴奏(コード進行)も同時に進めていく方法。

  • 長所:しっくりこないメロディーでも、コードに合わせてすぐに変更できること。
  • 短所:コードの知識が必要。歌いながらコード楽器も弾けないとできない。

6、アレンジ先行型

歌詞もメロディーも後回しで、アレンジ(伴奏)から先に作っていく方法。これも上級者向け。

初心者は暴走しやすいので、避けたほうが無難(笑)

※曲調(イメージ)が決まっている場合に有効。

  • 長所:最終的に求めている曲調に近づけやすい。
  • 短所:その後のメロディー作りは、経験値の差がはっきり出やすい。

7、作曲&アレンジ同時進行型

メロディー、(コード進行)、アレンジを同時進行で行っていく方法。

マイケル・ジャクソンなんかはこの手法。⇒『マイケル・ジャクソンの作曲方法

まさに天才ならではの作曲法かもw( ´ω`)フム

マイケルみたいに、全てのセクションを鼻歌で録音。なんかいいかもしれないですね。“〆( ̄  ̄*)イタダキィ〜

  • 長所:最初に浮かんだ曲のコンセプトを反映させやすくなる。一度できれば脳内で24時間いつでもどこでも作曲できるようになる。
  • 短所:一気に作ってしまわないと、途中でイメージが潰れてしまい、うまく繋がらないということが起こりかねない。頭の中の音をそのまま反映させる能力が必要。頭の中の音楽は脳内補正が働くため、実音に対して「あれ? なんか違うな・・・」となりやすい。

 

さて、いかがだったでしょうか?

いろいろ紹介したけど、まずは自分の得意なスタイルを1つ習得しておき、マンネイ回避のため&作りたい作風に合わせるために2・3個別のスタイルでも作曲できるようにしておくのがおすすめ。

複数できると作曲者としての幅が広がるし、また違ったアイデアが出たりするものである。

 

関連記事:音の4大要素【作曲講座】

 

▲プロのクリエイターや歌い手の大御所たちもこぞって使う名プラグイン!『JJP VOCALS』 ヴォーカル処理が一撃で決まります。サウンドに埋もれない「抜け感」と「厚み」を手軽に作りたい方におすすめ。2度のグラミー受賞歴を誇るエンジニア界のレジェンド「ジャック・ジョセフ・プイグ(Jack Joseph Puig)」氏のボーカル処理テクニックを体感できる。

作詞・作曲
H-Kuをフォローする

コメント

△54種類以上のプラグインを収録。業界標準の必須プラグインが軒並み揃っているオール・イン・ワン・パッケージ。『WAVES Platinum バンドル』ミキシング&マスタリングはとりあえずこれさえあれば完結できる。迷ったらこれ。初心者にもおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました