ニューエイジ・ミュージックの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典58】

ニューエイジ・ミュージックの特徴と歴史 楽曲・ジャンル辞典
ニューエイジ・ミュージックの特徴と歴史
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

▲プロのクリエイターや歌い手の大御所たちもこぞって使う名プラグイン!『JJP VOCALS』 ややこしい設定ともおさらば。ヴォーカル処理が一撃で決まります。サウンドに埋もれない「抜け感」と「厚み」を手軽に作りたい方におすすめ。2度のグラミー受賞歴を誇るエンジニア界のレジェンド「ジャック・ジョセフ・プイグ(Jack Joseph Puig)」氏のボーカル処理テクニックを体感できる。

ニューエイジ・ミュージックの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典58】

今回は、ニューエイジ・ミュージックについて音楽的特徴や歴史をわかりやすく解説していきます。

ニューエイジ・ミュージックは、リラックスや瞑想を目的とした穏やかでメロディックな音楽ジャンルです。電子楽器やアコースティック楽器を使い、自然音やシンセサイザーの音色を多用します。
クラシックやポップス、ジャズなど多様な要素をミックスしたような特徴を持ち、環境音楽、ヒーリング・ミュージック、ワールドミュージック、イージー・リスニングなどの音楽と、多くの共通点を持つ。これらの音楽とレコード店のジャンルの分類の際に、混同されることも多い。実際にCDショップやレコード業者の都合で、他ジャンルの棚に並べられていることもある。
曲が芸術的インスピレーションやリラクゼーション、瞑想、オプティミズムを助ける目的や、音楽療法、ヨガ[注 3]などに使用されることを前提として作曲されていることもある。主にシンセサイザーやピアノなどのインストゥルメンタルで演奏される場合が多い。楽曲によっては人の声を使用する曲もある。
Wikipedia「ニューエイジ・ミュージック」より引用

ニューエイジ・ミュージックの音楽的特徴

ニューエイジ・ミュージックの特徴は多岐にわたりますが、一般的な特徴をいくつか挙げるとすれば以下のようになります。

1. 環境音や自然音の取り入れ

ニューエイジ音楽では、鳥のさえずり、波の音、風の音などの自然音や環境音が頻繁に使用されます。これらの音はリラックスした雰囲気を醸し出し、聴衆を自然界に連れて行きます。

2. ゆったりとしたテンポと繊細なメロディ

一般に、ニューエイジ音楽はゆったりとしたテンポで演奏され、繊細で穏やかなメロディが特徴です。これにより、リスナーは心地よい感覚に包まれ、リラックスした状態になります。

3. シンセサイザーや環境音の使用

電子楽器やシンセサイザーを用いた独特な音色や、環境音をリバーブやディレイなどのエフェクトで処理したサウンドがニューエイジ音楽に特徴的です。

4. ミニマリズムとリピート

一部のニューエイジ音楽は、シンプルで繰り返しのあるパターンやフレーズを特徴としています。これにより、リスナーは深い集中状態に入りやすくなります。

5. 癒しやリラックスを促す目的

ニューエイジ音楽は、ストレスの軽減やリラックス、瞑想、睡眠の助けとして使用されることがよくあります。そのため、穏やかで癒しのある雰囲気が重視されます。 これらの特徴が組み合わさって、ニューエイジ音楽は心身をリフレッシュし、内面的な平穏を促進する効果を持っています。

ニューエイジ・ミュージックで使われている楽器

ニューエイジ・ミュージックでよく使われる音色には、以下のようなものがあります。

1. シンセサイザー:ニューエイジ音楽では、シンセサイザーが広範囲にわたって使用されます。シンセサイザーにはさまざまな音色やテクスチャがあり、柔らかく空間的なサウンドを作り出すことができます。
2. ピアノ:ピアノの音色はニューエイジ音楽でよく用いられます。特に、繊細なメロディや穏やかなハーモニーを演出するのに適しています。
3. フルートやチェロなどの管楽器:自然や環境との調和を表現するために、フルートやチェロなどの管楽器の音色が使われることがあります。これらの楽器は柔らかく心地よい音色を持ち、リラックスした雰囲気を作り出すのに適しています。
4. エスニック楽器:ニューエイジ音楽では、さまざまな文化や伝統の楽器が取り入れられることがあります。たとえば、タンブーラ、カリンバ、ハングドラムなどがよく使われます。これらの楽器は、独特の音色やリズムを提供し、リスナーを異国情緒に誘います。
5. 環境音:自然の音や環境音もニューエイジ音楽でよく使用されます。鳥のさえずり、波の音、風の音などが、自然との調和やリラックスした雰囲気を表現するために取り入れられます。

これらの音色が組み合わさって、ニューエイジ音楽の特徴的な雰囲気や魅力を生み出しています。

ニューエイジ・ミュージックの歴史

ニューエイジ・ミュージックの歴史は、比較的近年のものであり、1960年代後半から1970年代にかけて形成されました。以下に、ニューエイジ音楽の歴史の要点を挙げてみます。

1. 1960年代後半から1970年代初頭:ニューエイジ音楽のルーツは、1960年代後半から1970年代初頭にさかのぼります。この時期、西洋の文化においてスピリチュアリティや自己探求への関心が高まり、それに応える形で、新しい音楽のジャンルが生まれました。
2. エレクトロニカとアンビエントの影響:ニューエイジ音楽は、エレクトロニカやアンビエントといった既存のジャンルからの影響を受けています。エレクトロニカの進化や技術の発展により、新しい音楽表現が可能となりました。
3. ニューエイジの台頭:1970年代から1980年代にかけて、ニューエイジ音楽は本格的なジャンルとして台頭しました。この時期、多くのアーティストが独自のニューエイジのサウンドを開発し、レコードやカセットテープでリリースされました。
4. 1980年代以降:1980年代以降も、ニューエイジ音楽は継続して進化しました。デジタル技術の発展やインターネットの普及により、さらに多様な音楽が生まれ、世界中のリスナーに届けられるようになりました。

ニューエイジ音楽は、個々のアーティストやレーベル、リスナーの側によって多様なスタイルやアプローチが取られており、その定義は一様ではありません。しかし、スピリチュアリティやリラクゼーションを重視した音楽性を持つジャンルとして、広く認識されています。

ニューエイジ・ミュージックで有名なアーティスト

ニューエイジ・ミュージックの世界には、多くの有名なアーティストが存在します。その中でも特に知られるアーティストの一部を挙げると、次のような人々があります。

1. エンヤ(Enya):アイルランド出身のシンガーソングライターであり、多くの人々に愛される美しいメロディと幻想的な雰囲気が特徴です。
2. ジャン・ミシェル・ジャール(Jean-Michel

Jarre):フランスの電子音楽の先駆者であり、シンセサイザーを駆使した壮大なサウンドスケープで知られています。

3. リズ・ビゴット(Liz Story):アメリカのピアニストであり、感情豊かなピアノ演奏が特徴です。彼女の音楽はリラックスや癒しを求める人々に支持されています。

4.ヴァンゲリス(Vangelis):ギリシャの作曲家であり、映画音楽やアンビエント音楽で広く知られています。代表作には『ブレードランナー』や『チャリオッツ・オブ・ファイヤー』のサウンドトラックがあります。

5. ジョン・セラ(John Serrie):アメリカのアンビエント・スペース・ミュージックのアーティストであり、宇宙や自然の美しさをテーマにした作品が多くあります。

これらのアーティストは、ニューエイジ音楽のさまざまな側面やスタイルを代表する一部であり、その楽曲はリラックスや癒し、または内面的な探求を求める人々に支持されています。

ニューエイジ・ミュージックの名曲

ニューエイジ音楽の名曲は、個々の好みや感性によって異なりますが、いくつかの代表的な作品があります。以下は、ニューエイジ音楽の中でも特に知られるいくつかの名曲の例です。

 

1. エンヤ(Enya) – “Only Time”

エンヤの代表曲の一つであり、美しいメロディとエンヤの幻想的なボーカルが特徴です。

 

2. ヴァンゲリス(Vangelis) – “Chariots of Fire”

映画『チャリオッツ・オブ・ファイヤー』のサウンドトラックとして知られる楽曲で、荘厳なシンセサイザーの旋律が印象的です。

 

3. ジョン・セラ(John Serrie) – “Starmoods”

宇宙や星空をテーマにしたジョン・セラの作品の中でも、特に印象的な一曲です。静かで壮大なサウンドが特徴です。

 

4. リズ・ビゴット(Liz Story) – “Wedding Rain”

ピアノの旋律が感情豊かに織りなすこの曲は、リラックスや癒しを求める人々に愛されています。

 

5. ジャン・ミシェル・ジャール(Jean-Michel Jarre) – “Oxygène”

ジャン・ミシェル・ジャールの代表作の一つであり、シンセサイザーによる壮大なサウンドが特徴です。

これらの曲は、ニューエイジ音楽の美しいメロディや幻想的な雰囲気を象徴しています。ただし、個々の好みや感性によって異なるため、他にも多くの素晴らしい曲が存在します。

ニューエイジ・ミュージックからの派生ジャンル

ニューエイジ音楽から派生したさまざまなジャンルがあります。これらのジャンルは、ニューエイジの基本的な美学や哲学を受け継ぎながら、独自の要素やアプローチを持っています。代表的な派生ジャンルのいくつかを以下に示します

1.アンビエント音楽:環境や自然の音を取り入れ、静かな雰囲気やリラックス効果を持つ音楽ジャンルです。ブライアン・イーノなどが代表的なアーティストです。
2.スペースミュージック:宇宙や宇宙船の旅をテーマにした音楽ジャンルで、壮大なシンセサイザーの音や宇宙的なサウンドスケープが特徴です。ジャン・ミシェル・ジャールやテンダーサウンドなどが代表的なアーティストです。
3.ニューエイジ・ピアノ:ピアノを中心に据えた、静かで感情豊かな音楽ジャンルです。リズ・ビゴットやジョン・セラなどが代表的なアーティストです。
4. ニューエイジ・フュージョン:ニューエイジ音楽とジャズ、ロック、ワールドミュージックなどの要素を融合した音楽ジャンルです。エンヤやヴァンゲリスなどが代表的なアーティストです。

これらのジャンルは、それぞれ異なるアプローチや要素を持ちながら、ニューエイジ音楽の核心的な美学を共有しています。

関連記事:アンビエント・ミュージックの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典57】

 

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

コメント

タイトルとURLをコピーしました