トランペットの特徴と演奏法【楽器辞典⑰】

トランペットの音楽的特徴と演奏法 楽器辞典
トランペットの音楽的特徴と演奏法【楽器学⑰】
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

▲プロのクリエイターや歌い手の大御所たちもこぞって使う名プラグイン!『JJP VOCALS』 ややこしい設定ともおさらば。ヴォーカル処理が一撃で決まります。サウンドに埋もれない「抜け感」と「厚み」を手軽に作りたい方におすすめ。2度のグラミー受賞歴を誇るエンジニア界のレジェンド「ジャック・ジョセフ・プイグ(Jack Joseph Puig)」氏のボーカル処理テクニックを体感できる。

トランペットの音楽的特徴と演奏法【楽器辞典⑰】

今回は、トランペットについての特徴と楽曲での役割についてわかりやすく解説していきます。

トランペットは、明るくて高い音色を持つ金管楽器で、ピストンバルブを使って音程を調整します。クラシックからジャズ、ポップスまで幅広いジャンルで使用される、演奏が目立つ楽器です。

前回:コントラバスの音楽的特徴と演奏法【楽器辞典⑯】

トランペットの音楽的特徴

トランペットの音楽の特徴には以下の点が挙げられます。

明るく力強い音色

トランペットは非常に明るく、響き渡る音色が特徴で、演奏するメロディやファンファーレに力強さを与えます

広い音域

トランペットは3オクターブ以上の広い音域を持ち、低音から高音まで幅広い音を出すことができます。

ダイナミックレンジ

非常に柔らかいピアニッシモから強烈なフォルティッシモまで、幅広い音量で演奏しやすく、様々な表現が可能です。

優れた機動性

トランペットは速いパッセージと複雑な音の連続を容易に演奏でき、華やかなソロと装飾音は得意です。

トランペットはこれらの特徴を活かし、オーケストラやバンドの中でメロディーやファンファーレ、リズムセクションを力強く支えます。

トランペットの楽曲での役割

トランペットの音楽の役割には以下の点があります。

メロディーラインの担当:トランペットはその明るく力強い音色を活かして、オーケストラやバンドで主要なメロディーラインを演奏することが多いです。
ファンファーレ:特にクラシック音楽や映画音楽、マーチングバンドで、華やかで力強いファンファーレを演奏し、重要なシーンや場面の始まりを告げます。
セクションの特長:ジャズやポップスでは、セクションを補強し、曲全体のリズムやグルーヴを強調する役割も担っています。
ハーモニーの一部: トランペットは他の楽器や楽器と共にハーモニーを必要とし、楽曲に響きを加えます。
ソロパートの演奏:トランペットはその技術的な機動性と幅広いダイナミックレンジを活かして、独特のソロパートを演奏し、楽曲の中で特に目立つようにします。
サウンドの色付け:ミュートを使用することで、音色を変化させ、楽曲に特別な効果やニュアンスを加えることができます。ジャズでは特にワウワウミュートやハーマンミュートが多用されます。

トランペットはその多様な表現力と音色の幅広さにより、様々な音楽ジャンルや編成で重要な役割を担っています。

トランペットの代表的な奏法

トランペットの奏法には、さまざまな技法があり、これにより多様な音色や表現を生み出します。以下に代表的な奏法を紹介します。

リップバズ:唇を振動させて音を出す基本的な技法。アンブシュア(口の形)を調整して音程を変えます。
シングルタンギング:舌を使って音の始まりを明確にする技法。「ティー」や「ター」といった音で舌を使います。
ダブルタンギング:高速な音の連続を演奏するための技法。「ティッカティッカ」や「タカタカ」といった音で舌を交互に使用します。
トリプルタンギング:さらに高速な音の連続を演奏するための技法。「ティッカティッカティ」や「タタカタカ」といった音で舌を使います。
グリッサンド:スライドやバルブを使って音程を連続的に変化させる技法。滑らかな音の移行を表します。
トリル:2つの共通の音をゆっくりと選択して演奏する技法。バルブをゆっくりと操作して演奏します。
ベンド:音程を上げて曲げる技法。唇とバルブの操作で行います。
ミュート奏法:ミュート(消音器)を使って音色を変える技法。ストレートミュート、カップミュート、ワウワウミュート、ハーマンミュートを使用します。
レガート:滑らかに音をつなげる奏法。舌を使わずに唇だけで音を連続して演奏します。
スタッカート:短く、はっきりとした音を出す奏法。舌を使って音を短く切ります。
ピチカート:弦楽器のピチカートに効果を出すために、バルブを軽く押しながら息を吹き込む技法。トランペットではよくあることだが、特殊な効果を出すために使われます。
サーキュラーブリージング:息を吸いながら同時に息を吐き続ける技法。持続的な音を出すために使います。
ダブルハイC:非常に高い音を出す技法。高度なアンブシュアと息のコントロールができません。

これらの奏法を駆使することで、トランペット奏者は幅広い表現力と音色の多様性を実現し、様々な音楽ジャンルで活躍することができます。

トランペットがよく使われているジャンル

トランペットは様々な音楽ジャンルで好まれますが、特によく使われているジャンルを好む傾向があります。

クラシック音楽

  • オーケストラ: 交響曲や協奏曲で重要な役割を果たし、ファンファーレやソロパートで活躍します。
  • 室内楽: トランペットアンサンブルやブラスクインテットなどで終了します。

ジャズ

  • ビッグバンド: トランペットセクションとしてリードパートやソロパートを担当します。
  • スモールコンボ: 即興演奏(インプロビゼーション)とメロディラインを演奏します。

ポップストロック

  • ホーンセクション: サポートパートとして使われ、曲に華やかさを加えます。
  • ソロ楽器: 特定の曲やパフォーマンスでトランペットソロがされることがあります。

ブルースとR&B

  • リズムセクション: バンドの一部として、リズムとハーモニーを取得します。
  • ソロパート: 感情に恵まれ、ソロ演奏が多く。

マーチングバンド

  • メロディライン: 高音域でメロディラインを演奏し、バンド全体の音をリードします。
  • ファンファーレ: 観客にインパクトを与えるための手段としてます。

ラテン音楽

  • サルサ、マリアッチ: リズムセクションとして、活気あふれる音楽を支えます。
  • ソロ楽器: 独特のメロディラインや即興ソロを演奏します。

映画音楽と劇伴

  • サウンドトラック: ドラマチックなシーンやアクションシーンでトランペットが使用されることが多いです。

トランペットはその明るく力強い音色と広い音域により、様々な音楽ジャンルで欠かせない楽器となっています。

トランペットの歴史

トランペットの歴史は非常に古く、古代から現代に至るまで進化を遂げてきました。以下にその主な歴史的な発展を簡潔にまとめます。

古代
古代エジプト、ギリシャ、ローマ:トランペットの原型となる楽器は紀元前1500年から使用されていました。エジプトではトゥートアンクアメン王の墓から銀と銅のトランペットが発見されています。これらの楽器は主に軍事や宗教儀式で使われました。
中世
中世ヨーロッパ:トランペットは「ブリトラ」「トゥータ」などと呼ばれ、軍事や宮廷の儀式で使用されています。中世のトランペットは自然音しか出さず、バルブがなかったため、音域が制限されていません。
ルネサンス期
16世紀:ルネサンス期には「ナチュラルトランペット」と呼ばれる楽器が登場し、これによりトランペットの技術が選択されました。主に高貴な行事や祭典で使用されました。
バロック期
17世紀から18世紀:バロック音楽の時代には、トランペットの技術がさらに発展し、ナチュラルトランペットが広く使われました。ヨハン・ゼバスティアン・バッハやゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルなどの作曲家が、トランペットを含む多くの楽曲を書いています。
古典派とロマン派
18世紀後半から19世紀初頭:トランペットにバルブを取り付ける前、ナチュラルトランペットがまだ主流でしたが、楽器の音域や表現力が限られていました。19世紀前半:1814年にドイツのハインリヒ・シュテルツェルがバルブを発明し、バルブトランペットが誕生しました。これにより、クロマチック音階(半音階)を演奏の可能性になり、トランペットの音域と表現力が大幅に向上しました。
近現代
19世紀後半から20世紀:バルブトランペットが普及し、オーケストラや吹奏楽、ジャズバンドなどで広く使用されるようになりました。モーリス・ラヴェルやリヒャルト・シュトラウスなどの作曲家が、トランペットを重要なソロ楽器として採用しました。20世紀から21世紀:トランペットはクラシック音楽だけでなく、ジャズ、ポップス、ロックなどの多様な音楽ジャンルで重要な役割を果たしています。ルイ・アームストロング、マイルス・デイヴィス、ディジー・ガレスピーなどのジャズトランペット奏者が登場し、楽器の可能性がさらに広がりました。

トランペットは、その長い歴史を通じて技術的な改良と進化を続け、多様な音楽シーンを築いてきました。

トランペットのトッププレイヤー

トランペットプレイヤーとして広く知られているアーティスト以下のような人々がいます。

モーリス・アンドレ (Maurice André):フランスのトランペット奏者で、バロックから現代音楽まで幅広いレパートリーを持つ。
ウィントン・マルサリス (Wynton Marsalis):ジャズでもクラシックでも活躍する多才なトランペット奏者。クラシックの分野ではソリストとしても知られる。

アドルフ・ハーセス (Adolph “Bud” Herseth):シカゴ交響楽団の主席トランペット奏者として40年以上活躍。

ルイ・アームストロング (Louis Armstrong):ジャズの歴史を変えた伝説的なトランペット奏者。スウィング時代のアイコン。

マイルス・デイヴィス (Miles Davis):ジャズの革新者であり、モードジャズやフュージョンなど新しいスタイルを創り出した。
ディジー・ガレスピー (Dizzy Gillespie):ビバップの先駆者であり、その技術的な演奏と独特のスタイルで知られる。
クリフォード・ブラウン (Clifford Brown):ジャズ・トランペット奏者としてのキャリアは短いが、その影響力は大きい。

チェット・ベイカー (Chet Baker):クールジャズの代表的なトランペット奏者で、その柔らかい音色と歌唱力でも知られる。

アリソン・バルサム (Alison Balsom):イギリスのクラシックトランペット奏者で、ソリストとして国際的に活躍。

セルゲイ・ナカリャコフ (Sergey Nakariakov):ロシアのクラシックトランペット奏者で、その超絶技巧と美しい音色で知られる。
アートゥーロ・サンドバル(Arturo Sandoval):キューバ出身のトランペット奏者で、ジャズとクラシックの両方で高く評価されている。

これらのアーティストは、トランペットのテクノロジーと音楽性を極め、様々なジャンルに大きな影響を与えています。

トランペットの名曲

トランペットの名曲には、クラシックからジャズまで様々なジャンルの楽曲があります。以下に代表的な曲をいくつかご紹介します。

 

ハイドン:『トランペット協奏曲 変ホ長調 Hob.VIIe:1』

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン。トランペットのレパートリーの中で最も有名な協奏曲の一つ。

 

フモール:『トランペット協奏曲 変ホ長調』

ヨハン・ネポムク・フモール作曲。ハイドンの協奏曲と並び称される重要な作品。

 

アルバン・ベルク:『トランペットとピアノのためのピース』

近代音楽の一例で、技術的な挑戦を伴う。

 

ジェイムズ・オリヴァー:『トランペット・ヴォランタリー』

ジェレミア・クラーク作曲。結婚式などでよく演奏される華やかな作品。

ルイ・アームストロング:『West End Blues』

ジャズトランペットの伝説的な演奏。ルイ・アームストロングのテクノロジーと表現力が光る。

 

マイルス・デイヴィス:『So What』

モードジャズの代表曲で、マイルス・デイヴィスのアルバム『Kind of Blue』に収録されている。

 

ディジー・ガレスピー:『チュニジアの夜』

ビバップの名曲で、ディジー・ガレスピーのエネルギッシュな演奏が特徴。

 

クリフォード・ブラウン:『Joy Spring』

ハードバップの名曲で、クリフォード・ブラウンの洗練されたテクノロジーと美しい音色が堪能できる。

 

チェット・ベイカー:『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』

チェット・ベイカーの歌声とトランペットが融合した名演。

エンニオ・モリコーネ:『ガブリエルのオーボエ』

映画『ミッション』のテーマ曲。トランペットの美しいメロディーが印象的。

 

ジョン・ウィリアムズ:『オリンピックファンファーレ』

オリンピックのテーマ曲として知られ、力強いトランペットが特徴。

 

これらの曲は、トランペットの多様な表現力と技術を示す素晴らしい例であり、幅広い音楽ジャンルで愛されています。

トランペットの種類

トランペットにはさまざまな種類があり、音楽ジャンルや演奏スタイルに応じて使い分けられます。以下に代表的なトランペットの種類を示します。

B♭トランペット:最近のトランペット。クラシック、ジャズ、ポップスなど幅広いジャンルで使用される。温かみのある豊かな音色。
Cトランペット:主にクラシック音楽で使用される。オーケストラやソロ演奏に適している。B♭トランペットよりもやや明るく、クリアな音色。
D トランペット / E♭ トランペット:高音域での演奏が必要な場面で使用される。特にバロック音楽や現代音楽でよく使われる。明るく輝かしい音色。
ピッコロトランペット:通常のトランペットよりも小型で、高音域を演奏するために設計されている。バロック音楽やソロ演奏で使用される。非常に高く、鮮やかな音色。
ポケットトランペット:通常のトランペットと同じ音域を持つが、コンパクトなサイズに設計されている。持ち運びやすく、練習用や旅行用として使われる。 小型だが、音質は通常のトランペットとほぼ同じ。
コルネット:トランペットに似ているが、管の巻き方が異なり、音色もわずかに異なる。ブラスバンドや吹奏楽でよく使用される。柔らかく、丸みのある音色。
フリューゲルホルン:トランペットよりも大きく、円錐形の管を持つ。ジャズや吹奏楽、ブラスバンドで使用される。非常に暖かく、柔らかい音質。
ロータリートランペット: バルブがピストン式ではなくロータリー式。特にドイツとオーストリアのオーケストラで使用される。滑らかで均質な音色。
ナチュラルトランペット: バルブを持たないトランペット。主にバロック音楽の演奏に使用される。自然な倍音のみで演奏でき、非常に純粋な音色。
ヘラルトトランペット:非常に長い形状を持ち、ファンファーレや儀式で使用される。壮大で威厳のある音色。

これらの種類のトランペットは、それぞれ独特の音色と用途があり、演奏する音楽のジャンルやシーンに応じて使い分けられます。

トランペットの有名なメーカー

トランペットの有名なメーカーには、長い歴史と高い評価を受けているブランドがいくつかあります。以下に、特に有名なメーカーを紹介します。

バック(Bach)
Vincent Bachによって設立されたアメリカのブランド。プロフェッショナル向けのトランペットで高く評価されています。特に「Stradivarius」シリーズが有名です。
ヤマハ
初心者から上級者まで幅広いモデルが揃っています。
シルキー (Schilke)
アメリカの高級トランペットメーカー。トランペットの設計と製造において革新的で、特にプロフェッショナルな演奏者に人気があります。
ゲッツェン (Getzen)
アメリカの老舗メーカー。頑丈で柔軟なトランペットを製造しており、特にマーチングバンドや学生用モデルが人気です。
キャンスタル (Kanstul)
アメリカのメーカー。創業者であるゼグ・キャンスタルは伝説的なトランペット職人で、間違いなく手作りのトランペットを必要とします。
B&S
ドイツのメーカー。精巧なドイツ製トランペットでは知られておらず、特にオーケストラやクラシック音楽の分野で高く評価されています。
モネット (Monette)
アメリカの高級トランペットメーカー。デビッド・モネットによって設立され、カスタムメイドのトランペットで特にプロフェッショナルな演奏者にサポートされています。
コーン (Conn)
アメリカの老舗ブランド。長い歴史を持ち、学生用からプロフェッショナル用まで幅広いモデルで使用されるようになりました。

これらのメーカーは、それぞれの特徴と強みを持ち、多くのトランペット奏者から信頼されています。選ぶ際には、自分の演奏スタイルや用途に合ったモデルを見つけてください。

関連記事:管楽器の種類と音楽的な役割【楽器辞典⑤】

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

コメント

タイトルとURLをコピーしました