【作曲】音の進み方

作曲

【作曲】音の進み方

メロディーもコードも、基本、同音進行(同じ音、もしくは同じ主音のコードが続く進行のこと。いわば1度進行)か、順次進行でつなげていくと、流れがスムーズな音楽になる。

・跳躍進行が多いと、角張った、硬いメロディーになってしまうので、強調させたい要所要所で使うように気をつける。

・同じ音ばかりを行き来していると、退屈なメロディーになってしまう。

そこで、メロディーの中で、頂点となる部分を作り、そこに向かって山成りな形になるようにメロディーを作る。

そして、頂点は複数作らないこと。

あまりにリードのメロディーがデコボコな形になると、非常に歌いづらく、また、雑な音楽なってしまうので注意。

◎順次進行(2度進行)

  • メロディー(音程)、またはコード自体が2度、上下で進行すること。
  • 音のつながりが自然でなめらか、美しいメロディーになる。
  • 抵抗が少ない。
  • 覚えやすくて、歌いやすい。
  • 激しさのない、落ち着いた音楽に合う。
  • 全て順次進行でできているメロディーを「完全順次進行」という。

◎跳躍進行

  • メロディー、またはコードが3度以上、上下で進行すること。
  • 単調さから抜け出せる。
  • 伸びやかさや、音の広がりを出すことができる。
  • 5度以上音が跳ぶと、演奏中、音程が狂いやすい。
  • 3度、4度、5度、8度のいずれかが望ましい(もちろん時と場合で、短6度など他の度数跳んだりするときもある)
  • 跳躍したあとは、反対方向へ順次進行させる。
  • 上に跳んだのなら、その直後に順次下行、下に落ちたのなら、上に順次上行。
  • 8度上への跳躍進行は、非常に印象が強く、広がりがでるため、サビの導入部分でよく使われる。

順次進行だけだと、なめらかで美しいが、少々インパクトに欠ける、跳躍進行ばかりだと、歌いづらい&演奏しづらい、おまけに硬すぎる印象になってしまう。

順次も跳躍も適度に合わさった進行、というものが理想的だといえる。

こればかりは理論、理屈どうこうよりも耳だよりに

「ここはなめらかに順次進行、ここは感情激しく跳躍進行」と確認しながら作ったほうが良い。

メロディーの出来の善し悪しは、結局は、実際、「鼻歌で歌いながら気持ちよく歌えるか」が重要になってくる。

つまりは「歌ってて気持ちいメロディー、演奏してて楽しいメロディー」が本当にいいメロディーだといえる。

ただ、ある程度は理論を持って規則性を持たせたほうが、耳に心地よく、荒さをなくし、音楽そのもののクオリティーが上がるのも確かである。

要は、『整えるための理論』いう意識を持って作曲にあたるのがいいのだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました