ワールドミュージックの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊵】

ワールドミュージックの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊵】 楽曲・ジャンル辞典
ワールドミュージックの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊵】
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワールドミュージックの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊵】

今回は、ワールドミュージックについての音楽的特徴や歴史をわかりやすく解説します。

ワールドミュージックは、世界中の異なる文化や地域の伝統的な音楽要素を組み合わせたジャンルです。さまざまな国や民族の音楽が融合し、新しいサウンドが生まれます。異なる文化間の交流や影響を反映し、多様性や豊かな音楽性を楽しむことができます。

ワールドミュージック (英: World music) とは、アフリカ、ラテンアメリカ、アジア、バルカン半島、ケルト、ロマほか世界の各地域と民族の、多様な音楽を包括する音楽用語である。

Wikipedia「ワールドミュージック」より引用

関連記事:ラテンミュージックの音楽的特徴と歴史【音楽ジャンル辞典⑬】

ワールドミュージックの音楽的特徴

ワールドミュージックは、地域や文化の異なる伝統的な音楽要素を取り入れたジャンルです。その音楽的特徴は非常に多岐にわたりますが、一般的に次のような要素が挙げられます。

  1. 多様性: ワールドミュージックは、世界中の異なる文化や地域の音楽を取り入れるため、非常に多様な音楽スタイルやジャンルが含まれます。アフリカ、中東、アジア、ラテンアメリカなど、さまざまな地域の音楽が影響を与えています。
  2. 伝統的な楽器: ワールドミュージックでは、伝統的な楽器が広く使用されます。たとえば、アフリカのジンベやドゥンドゥン、中東のウードやダラブッカ、アジアのシタールやタブラなどがあります。これらの楽器は、特定の地域や文化の音楽に固有のサウンドをもたらします。
  3. リズムとパーカッション: ワールドミュージックは、リズムやパーカッションの多様性にも特徴があります。異なる文化や地域の音楽は、独自のリズムパターンや打楽器を持っており、これがワールドミュージックのリズミカルな魅力を構成しています。
  4. 民族的なボーカルスタイル: ワールドミュージックでは、地域ごとに異なる民族的なボーカルスタイルが広く使用されます。これには、伝統的な歌唱法やコーラス、特定の言語や文化に根ざした歌詞が含まれます。
  5. 融合と実験: ワールドミュージックは、異なる音楽要素やジャンルを融合させることがあります。これにより、新しいサウンドやスタイルが生まれ、音楽的な実験やクロスオーバーが促進されます。

ワールドミュージックの魅力は、その多様性と豊かな音楽的表現にあります。それぞれの音楽は、地域や文化の個性や特徴を反映しつつ、異なる聴衆に共感を呼び起こします。

ワールドミュージックで使われている楽器

ワールドミュージックでは、さまざまな地域や文化の伝統的な楽器が広く使用されます。そのため、ワールドミュージックでよく使われる音色も多岐にわたりますが、いくつかの代表的な音色を挙げるとすれば次のようになります。

  • パーカッション: ワールドミュージックでは、様々な種類のパーカッション楽器が頻繁に使用されます。たとえば、ジンベ、ダラブッカ、コンガ、タブラ、ドゥンドゥンなどがあります。これらの楽器は、リズムセクションの中核を成し、曲全体にエネルギーと動きを与えます。
  • 弦楽器: ワールドミュージックでは、さまざまな種類の弦楽器が使用されます。たとえば、ウード、シタール、カヌーン、バンジョー、ギターなどがあります。これらの楽器は、メロディー、リズム、ハーモニーの演奏に使用され、曲に深みと豊かさをもたらします。
  • 木管楽器: 特定の地域や文化のワールドミュージックでは、木管楽器が重要な役割を果たすことがあります。たとえば、フルート、パンパイプ、クラリネット、シャクハチなどがあります。これらの楽器は、独特のサウンドと表現力を持ち、曲に風通しの良い響きをもたらします。
  • 打楽器: ワールドミュージックでは、さまざまな種類の打楽器が使用されます。たとえば、トライアングル、タンバリン、カスタネット、チャイニーズ・シンバルなどがあります。これらの楽器は、リズムにアクセントを与えたり、曲のダイナミクスを豊かにする役割を果たします。

これらの音色は、ワールドミュージックの多様性と豊かさを象徴しています。異なる楽器や音色が組み合わさり、独特の音楽的表現が生まれることで、聴衆はさまざまな文化や地域の音楽に触れることができます。

ワールドミュージックの歴史

ワールドミュージックの歴史は、地域や文化に根ざした音楽が国際的な舞台で広く受容されるようになった過程として捉えることができます。以下に、ワールドミュージックの歴史を大まかに説明します。

  1. 古代から中世: 世界中の異なる地域で、それぞれ独自の音楽が発展してきました。これらの音楽は、伝統的な楽器やリズム、メロディーを特徴とし、特定の地域や文化のアイデンティティを反映しています。
  2. 19世紀から20世紀初頭: 19世紀後半から20世紀初頭にかけて、西洋の音楽が世界中に広まり、異なる地域の音楽と交流が始まりました。これにより、異なる文化の音楽が相互に影響し合い、新しい音楽の形式が生まれました。
  3. 1960年代から1970年代: ワールドミュージックという用語が一般的に使われるようになったのは、1960年代後半から1970年代にかけてのことです。この時期、西洋の音楽市場が世界中に拡大し、多様な地域の音楽が国際的な注目を集めるようになりました。
  4. 1980年代から1990年代: 1980年代から1990年代にかけて、ワールドミュージックのジャンルが確立され、専門のレコードレーベルやフェスティバルが設立されました。さまざまな地域の音楽が国際的な市場で販売され、ワールドミュージックが新たな注目を集めました。
  5. 2000年代以降: インターネットやストリーミングサービスの普及により、ワールドミュージックはますます国際的な観客に届くようになりました。また、他のジャンルとの融合や実験的なアプローチが進み、新たなサウンドが生まれ続けています。

ワールドミュージックの歴史は、世界中の異なる音楽の交流や相互作用の歴史とも密接に関連しています。異なる文化や地域の音楽が相互に影響し合いながら、新しい音楽の形式やスタイルが生まれ、世界中のリスナーに愛されるようになりました。

ワールドミュージックで有名なアーティスト

ワールドミュージックのジャンルには、多くの才能あるアーティストがいます。その中でも特に有名なアーティストをいくつか挙げるとすれば、以下のような名前が挙げられます。

Buena Vista Social Club: キューバの音楽グループであり、アフロキューバン音楽やソン、サルサなどのスタイルで知られています。彼らのアルバムは世界的な成功を収め、ラテン音楽の愛好家に広く支持されています。
Fela Kuti: ナイジェリアのミュージシャンであり、アフロビートの創始者として知られています。彼の政治的な歌詞や独創的な音楽性は、世界中の聴衆に強い影響を与えました。
Youssou N’Dour: セネガル出身のシンガーソングライターであり、アフリカのポピュラー音楽の重要なアーティストの一人です。彼の力強い声と複雑なリズムは、多くのファンに愛されています。
Ravi Shankar: インドのシタール奏者であり、ヒンドゥスターニー音楽の巨匠として知られています。彼の音楽は、西洋の聴衆にも大きな影響を与え、インド音楽の普及に貢献しました。
Ali Farka Touré: マリのブルース音楽家であり、西アフリカのトゥアレグ音楽の伝統を受け継ぐアーティストの一人です。彼のギターの技術と感情的な歌唱は、世界中のファンに感動を与えています。

これらのアーティストは、ワールドミュージックのジャンルで長年に渡って活躍し、その音楽によって異なる文化や地域の音楽を世界に紹介しました。

ワールドミュージックの名曲

ワールドミュージックの名曲は数多くありますが、その中でも特に有名ないくつかを挙げてみます。

 

Buena Vista Social Club – “Chan Chan”: キューバの伝説的な音楽グループ、Buena Vista Social Clubの代表曲の一つであり、ソンやトローバなどの伝統的なキューバ音楽の要素が詰め込まれた楽曲です。

 

Fela Kuti – “Water No Get Enemy”: ナイジェリアのアフロビートの巨匠、フェラ・クティの代表曲の一つであり、政治的なメッセージと独特のリズムが融合した楽曲です。

 

Youssou N’Dour – “7 Seconds” (feat. Neneh Cherry): セネガル出身のミュージシャン、ユスール・ンドゥールの代表曲の一つであり、美しいメロディーと感動的な歌詞が印象的な楽曲です。

 

Ravi Shankar – “Raga Jog”: インドのシタール奏者、ラヴィ・シャンカールの代表曲の一つであり、ヒンドゥスターニー音楽の伝統的なラーガの中で演奏される素晴らしい楽曲です。

 

Ali Farka Touré – “Diaraby”: マリのブルース音楽家、アリ・ファルカ・トゥーレの代表曲の一つであり、エモーショナルな歌唱と素晴らしいギターの演奏が特徴的な楽曲です。

 

これらの曲は、ワールドミュージックのジャンルで広く愛され、世界中の聴衆に感動を与えています。

ワールドミュージックからの派生ジャンル

ワールドミュージックから派生したいくつかのジャンルが存在します。その中でも代表的なものを挙げるとすれば、以下のようなジャンルがあります。

エスニック・フュージョン (Ethnic Fusion): ワールドミュージックと西洋の音楽の要素を融合させたジャンルであり、異なる文化や地域の音楽が交錯する独自のサウンドを生み出します。
ワールドビート (World Beat): ワールドミュージックのリズムやメロディーを強調し、ダンスフロア向けのリズムやビートを取り入れたジャンルです。世界各地の音楽が融合し、新しいダンスミュージックのスタイルが生まれます。
エスニック・エレクトロニカ (Ethnic Electronica): ワールドミュージックの伝統的な要素とエレクトロニックミュージックのサウンドが融合したジャンルであり、現代的なビートやサウンドと伝統的な楽器やリズムが組み合わさります。
グローバル・ベース (Global Bass): ワールドミュージックのリズムやサウンドを基にしたベースミュージックのジャンルであり、ダブステップ、トラップ、レゲトンなどの要素が取り入れられます。

これらの派生ジャンルは、ワールドミュージックの要素を取り入れながらも、新しいサウンドやスタイルを生み出すことで、さまざまな音楽愛好家に新しい体験を提供しています。

 

関連記事:チルアウトの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊴】

コメント

△54種類以上のプラグインを収録。業界標準の必須プラグインが軒並み揃っているオール・イン・ワン・パッケージ。『WAVES Platinum バンドル』ミキシング&マスタリングはとりあえずこれさえあれば完結できる。迷ったらこれ。初心者にもおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました