トランスの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㉞】

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

▲プロのクリエイターや歌い手の大御所たちもこぞって使う名プラグイン!『JJP VOCALS』 ややこしい設定ともおさらば。ヴォーカル処理が一撃で決まります。サウンドに埋もれない「抜け感」と「厚み」を手軽に作りたい方におすすめ。2度のグラミー受賞歴を誇るエンジニア界のレジェンド「ジャック・ジョセフ・プイグ(Jack Joseph Puig)」氏のボーカル処理テクニックを体感できる。

トランスの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㉞】

今回は、トランスについて音楽的特徴や歴史をわかりやすく解説していきます。

トランスは、エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)のジャンルの一つであり、速い四つ打ちのビートや繰り返されるメロディー、エフェクトなどを特徴とする音楽のスタイルです。

トランスの楽曲は、高揚感や幻想的な雰囲気を生み出すことがあり、クラブやフェスティバルなどのダンスフロアで踊られることが多いです。

トランス(英: trance)は、ハウスから派生したEDMの一種である。125~145BPM付近で、短いシンセサイザーの旋律を際限なく繰り返し、うねるようなサウンドが特徴である。その反復されるリズムやメロディーが、さも脳内の感覚が幻覚や催眠を催す「トランス状態」に誘うかのようであることからトランスと呼ばれている[1]。主にクラブシーンやレイヴパーティーなどで、DJによって再生される。トランスの中には2つの大きな流れがある。

Wikipedia「トランス (音楽)」より引用

関連記事:EDM(エレクトロダンスミュージック)の音楽的特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㉓】

トランスの音楽的特徴

トランスは、エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)のジャンルの一つであり、以下のような音楽的特徴を持っています。

1. 四つ打ちのビート

トランスの楽曲は、一貫して速い四つ打ちのビートが特徴です。このビートは安定しており、踊りやすさを重視しています。

2. リピーティングなフレーズ

トランスの楽曲では、繰り返されるフレーズやループがよく使われます。これによって、聴衆のリズムにのりやすく、トランス独特のハイプな雰囲気が生まれます。

3. ビルドアップとブレイクダウン

トランスの楽曲では、ビルドアップ(高まり)とブレイクダウン(静寂)のサイクルが重要な構造となっています。ビルドアップではエネルギーが高まり、ブレイクダウンでは緊張感が解放され、トランス独特の高揚感が生まれます。

4. アープやパッドの使用

トランスの楽曲には、シンセサイザーを使用したアーペギオやパッドが頻繁に登場します。これによって、空間的な広がりや幻想的な雰囲気が演出されます。

5. エフェクトの多用

トランスの楽曲では、エコー、リバーブ、フィルター、ディストーションなどのエフェクトが多用されます。これらのエフェクトは、サウンドの変化や変形を生み出し、楽曲にダイナミズムや興味深さをもたらします。

これらの音楽的特徴が組み合わさり、トランスはエネルギッシュでユーフォリックな雰囲気を持つダンスミュージックとして人気があります。

トランスで使われている楽器

トランスの楽曲では、さまざまな種類の音色が使われますが、特に以下のような音色がよく使われています。

1. シンセサイザーのアーペギオ:トランスの楽曲では、シンセサイザーで生成されるアーペギオ(アルペジオ)が頻繁に使用されます。これは、複数の音を一定のパターンで繰り返し演奏する効果であり、楽曲に動きとリズムを与えます。
2. パッド:トランスの楽曲では、シンセサイザーで生成されるパッドがよく使われます。パッドは、空間的な広がりや幻想的な雰囲気を演出し、楽曲に深みとエモーションを加えます。
3. トランシーバー:トランスの楽曲では、ボーカルやメロディーにトランシーバーと呼ばれるエフェクトがかけられることがあります。これによって、ボーカルやメロディーが歪みや変化を加えられ、新しい音楽的表現が生まれます。
4. ベース:トランスの楽曲では、シンセサイザーやサンプラーで生成された低音のベースが重要な役割を果たします。ベースは楽曲のリズムやグルーヴ感を支えるだけでなく、ダイナミックなエネルギーをもたらします。
5. ドラムのパーカッション:トランスの楽曲では、ドラムパーカッションが特徴的なリズムを形成します。ハイハット、シンバル、キック、スネアなどのドラムパーカッションが、ビートのテンポやリズムの変化を演出します。

これらの音色が組み合わさり、トランスの特徴的なサウンドが生み出されます。

トランスの歴史

トランスは、1980年代後半から1990年代初頭にかけて、ヨーロッパを中心に発展したエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)のジャンルです。その歴史は以下のように展開しています。

1. 1980年代後半:テクノやハウスなどのエレクトロニック・ダンス・ミュージックが登場し、ヨーロッパのクラブシーンで人気を博していました。この時期には、シンセサイザーやドラムマシンなどの電子楽器が普及し、新しい音楽の表現が生まれていました。
2. 1988年:ドイツのフランクフルトで、初のトランス・イベント「エクスペリエンス」が開催されました。このイベントは、トランスのルーツとなるアンビエントやテクノ、ハウスなどの音楽を一つの場で体験することを提唱しました。
3. 1990年代初頭:ドイツを中心に、トランスは急速に人気を集め、新たなジャンルとして確立されていきました。この時期には、ポール・ヴァン・ダイク、アルティン・フェイル、アーミン・ヴァン・ビューレンなどのアーティストが台頭し、トランスのムーブメントを牽引しました。
4. 1990年代中盤から後半:トランスは世界的な現象となり、特にヨーロッパやアジアで人気を集めました。この時期には、トランスのサブジャンルとしてプログレッシブ・トランス、ゴア・トランス、アップリフティング・トランスなどが登場し、多様性が増していきました。
5. 2000年代以降:トランスは世界中で根強い人気を持ち続け、新たなトランスのサブジャンルやスタイルが次々と生まれています。また、テクノやハウスなど他のエレクトロニック・ダンス・ミュージックとの融合も進み、さらなる進化を遂げています。

トランスの歴史は、その独自のサウンドとエネルギーが世界中のダンスミュージックファンに愛される原動力となっています。

トランスで有名なアーティスト

トランスの世界には数多くの有名なアーティストがいますが、特に著名なアーティストをいくつか挙げるとすれば、以下のような人たちが挙げられます。

1. アーミン・ヴァン・ビューレン (Armin van Buuren):オランダ出身のDJ兼プロデューサーであり、トランスシーンの重要な人物の一人です。彼のラジオ番組「A State of Trance」は世界中で親しまれています。
2. ポール・ヴァン・ダイク (Paul van Dyk):ドイツ出身のDJ兼プロデューサーであり、トランスのパイオニアの一人として知られています。彼のアルバムやシングルは数々の賞を受賞しています。
3. フェリー・コーステン (Ferry Corsten):オランダ出身のDJ兼プロデューサーであり、トランスシーンの中心的な存在の一人です。彼の楽曲やDJセットは世界中で人気を博しています。
4. アラン・ウォーカー (Alan Walker):ノルウェー出身のプロデューサーであり、トランスやエレクトロニックミュージックの分野で活躍しています。彼の楽曲「Faded」は特に有名です。
5. ポール・オークンフォール (Paul Oakenfold):イギリス出身のDJ兼プロデューサーであり、トランスやハウスミュージックの分野で長いキャリアを持っています。彼はトランスの普及に大きく貢献してきました。

これらのアーティストは、トランスのシーンで重要な役割を果たし、その楽曲や活動で世界中のファンを魅了しています。

トランスの名曲

トランスの世界には数多くの名曲がありますが、特に代表的なものをいくつか挙げるとすれば、以下のような曲があります。

 

Delerium feat. Sarah McLachlan – “Silence” (Tiesto’s In Search of Sunrise Remix)

ティエストによるリミックスで、メロディックで感動的なトランスの名曲として広く知られています。

 

Energy 52 – “Café del Mar” (Three ‘n One Remix)

クラシックなトランス曲であり、エモーショナルなメロディーと美しいビートが特徴です。

 

Binary Finary – “1998”

トランスのアンセムとして知られ、その力強いビートとユーフォリックなメロディーで多くのリスナーを魅了しました。

 

Paul van Dyk – “For an Angel”

ポール・ヴァン・ダイクの代表曲であり、エネルギッシュなビートと美しいピアノメロディーが特徴です。

 

ATB – “9PM (Till I Come)”

ATBのシグネチャートラックであり、キャッチーなメロディーとエモーショナルな雰囲気が人気を集めました。

 

Rank 1 – “Airwave”

ドラマチックなビルドアップと感動的なメロディーが特徴的なトランスの名曲です。

これらの曲は、トランスの歴史の中で重要な位置を占める名曲であり、その美しいメロディーやエネルギッシュなビートが多くのリスナーに愛されています。

トランスからの派生ジャンル

トランスから派生したさまざまなジャンルがあります。その中でも代表的なものをいくつか挙げるとすれば、以下のようなジャンルがあります。

プログレッシブ・トランス (Progressive Trance):トランスの進化形として生まれたジャンルであり、繊細なメロディーとリズムの変化を特徴としています。ビートがよりゆっくりとしたテンポで進行し、エレクトロニックな要素とアンビエントな要素が組み合わさったサウンドが特徴です。
ゴア・トランス (Goa Trance):インドのゴア地域で発展したトランスのジャンルであり、サイケデリックな要素やエスニックな音楽要素を取り入れたサウンドが特徴です。パワフルなリズムとアシッドシンセサイザーの使用が特徴です。
アップリフティング・トランス (Uplifting Trance):エモーショナルで励ましを与えるようなメロディーやビルドアップが特徴的なトランスのジャンルです。感動的なピアノやストリングス、エピックなビルドアップが多用されます。
テック・トランス (Tech Trance):テクノの要素を取り入れた、よりダークでハードなトランスのジャンルです。シンプルながら効果的なビートやシンセサイザーの使用が特徴で、エネルギッシュなリズムが重視されます。
サイエンス・フィクション・トランス (Science Fiction Trance):フューチャリスティックな要素やサイエンスフィクションのテーマを取り入れたトランスのジャンルです。宇宙的なサウンドや未来的なエフェクトが特徴です。

これらのジャンルは、トランスの基本的な要素を受け継ぎながらも、さまざまなサウンドやテーマを探求し、多様な音楽性を表現しています。

関連記事:グランジの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㉝】

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

コメント

タイトルとURLをコピーしました