オペラの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊾】

オペラの特徴と歴史 楽曲・ジャンル辞典
オペラの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊾】
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

▲プロのクリエイターや歌い手の大御所たちもこぞって使う名プラグイン!『JJP VOCALS』 ややこしい設定ともおさらば。ヴォーカル処理が一撃で決まります。サウンドに埋もれない「抜け感」と「厚み」を手軽に作りたい方におすすめ。2度のグラミー受賞歴を誇るエンジニア界のレジェンド「ジャック・ジョセフ・プイグ(Jack Joseph Puig)」氏のボーカル処理テクニックを体感できる。

オペラの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊾】

今回は、オペラについて音楽的特徴や歴史をわかりやすく解説していきます。

オペラは、歌唱や音楽を主体とする舞台芸術のジャンルであり、劇的な物語を歌唱や演技、音楽、舞台美術などを通じて表現します。オーケストラが演奏する音楽とソリストや合唱団による歌唱が重要な要素であり、感情や物語の展開を豊かに表現します。

多くの場合、歴史的な舞台設定や宗教的なテーマ、愛や戦争などの人間の感情や体験を描いた作品が演じられます。

オペラの音楽的特徴

劇的な物語を音楽と演技で表現する。

  • ソリストや合唱団が歌唱することが一般的であり、豊かな旋律や情緒的な表現が特徴。
  • オーケストラが重要な役割を果たし、劇中でさまざまな情景や感情を表現するための音楽を演奏する。

オペラで使われている楽器

オーケストラには様々な楽器が使われるが、代表的なものには弦楽器(ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス)、木管楽器(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット)、金管楽器(トランペット、トロンボーン、ホルン)、打楽器(ティンパニ、シンバル、タンブリン)などがある。

オペラの歴史

オペラの歴史は、16世紀のイタリアに起源を持ち、長い年月をかけて発展してきました。以下に、その主要な時代ごとの発展と変遷について詳述します。

初期オペラ(16世紀後半〜17世紀)

  • 起源:オペラは16世紀末のイタリア、特にフィレンツェで生まれました。カメラータという一群の知識人と音楽家たちが、古代ギリシャの劇音楽を復興しようと試みました。
  • 初期の作品:最も初期のオペラ作品の一つは、1598年にヤコポ・ペーリによって作曲された「ダフネ」です。その後、1600年の「エウリディーチェ」もペーリによるものです。
  • モンテヴェルディ:クラウディオ・モンテヴェルディは、1607年に作曲された「オルフェオ」でオペラの発展に重要な役割を果たしました。この作品は、オペラが芸術形式として成熟する基礎となりました。

ロック時代(17世紀後半〜18世紀前半)

  • イタリアオペラ:17年から18年前半にかけて、オペラはイタリアで特に発展しました。ナポリを中心に「オペラ・セリア(真面目なオペラ)」と呼ばれるジャンルが確立し、ヘンデルやスカルッティなどが活躍しました。
  • フランスオペラ:ジャン=バティスト・リュリが、ルイ14世の宮廷でフランス風のオペラを発展させました。彼のオペラは、フランス語のリブレットと舞踏に依存していました。

18世紀(18世紀後半)

  • グルック改革:クリストフ・ヴィリバルト・グルックは、オペラの形式と内容が改革されました。彼の作品は、音楽とドラマの統一を目指し、装飾過剰なバロックオペラに対抗しました。
  • モーツァルト:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、古典派オペラの頂点に立つ作曲家でした。代表作には「フィガロの結婚」、「ドン・ジョヴァンニ」、「魔笛」などがあります。

ロマン派時代(19世紀)

  • イタリアオペラ:19世紀のイタリアでは、ロッシーニ、ドニゼッティ、ヴェルディ、プッチャーニなどが活躍し、オペラは劇的な要素と感情表現を重視するようになりました。
  • ドイツオペラ:ドイツでは、カール・マリア・フォン・ウェーバーが「魔弾の射手」で国民的オペラを確立し、リヒャルト・ワーグナーが楽劇と呼ばれる独自の形式を発展させました。ワーグナーの作品は、音楽、詩、舞台美術の総合芸術として評価されています。

20世紀以降

  • 現代オペラ:20世紀には、リヒャルト・シュトラウスやプッチャーニがオペラの伝統を引き継ぎつつ、シェーンベルクやストラ・ヴィンスキーが新しい音楽語法を導入しました。
  • 多様性と実験:現代では、ジョン・アダムズやフィリップ・グラスなどがミニマル音楽や新しい技法を取り入れ、オペラの多様化が進んでいます。また、映画や演劇との融合も見られます。

オペラはその400年以上の歴史の中で、常に変化し、様々な文化や時代の影響を受けながら進化してきました。

オペラで有名なアーティスト

オペラで有名なアーティストには、歴史を通じて偉大な歌手や作曲家が広く知られています。以下にその一部を挙げます。

作曲家

クラウディオ・モンテヴェルディ(1567-1643)

代表作:『オルフェオ』、『ウリッセの帰還』

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)

代表作:『フィガロの結婚』、『ドン・ジョヴァンニ』、『魔笛』

ジュゼッペ・ヴェルディ(1813-1901)

代表作:『アイーダ』、『リゴレット』、『トラヴィアータ』

リヒャルト・ワーグナー(1813-1883)

代表作:『ニーベルングの指環』、『トリスタンとイゾルデ』、『タンホイザー』

ジャコモ・プッチーニ(1858-1924)

代表作:『ラ・ボエーム』、『トスカ』、『蝶々夫人』

歌手

マリア・カラス(1923-1977)

20 世紀を代表するソプラノ歌手で、彼女のドラマティックな表現とテクノロジーは人々を魅了しました。

エンリコ・カルーソー(1873-1921)

イタリアのテノール歌手で、彼の録音はまだ高く評価されています。代表的な役には『リゴレット』のデューがあります。

ルチアーノ・パヴァロッティ(1935-2007)

テノール歌手で、その力強く美しい声は世界中で愛されています。『トスカ』のカヴァラドッシなどが代表的です。

プラシド・ドミンゴ(1941-)

スペイン出身のテノール、後にバリトンも出演。オペラ界の幅広いレパートリーを持ち、『オテロ』などで高い評価を受けています。

ジョーン・サザーランド(1926-2010)

オーストラリア出身のソプラノ歌手で、その技巧と美声で知られています。『ルチア・ディ・ランメルモール』のルチアなどが代表作です。

アンナ・ネトレプコ(1971-)

ロシア出身のソプラノ歌手で、現代のオペラ界で最も有名な歌手の一人。『椿姫』のヴィオレッタなどが代表的な役です。

これらのアーティストは、オペラの歴史において非常に重要な役割を果たしており、その影響は現在のオペラ界にも影響を与えています。

オペラの名曲

ジュゼッペ・ヴェルディの「椿姫」の「ラ・トラヴィアータ」

 

ジャコモ・プッチーニの「ボエーム」の「ムゼッタの歌」

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの「魔笛」

 

ジョルジュ・ビゼーの「カルメン」の「闘牛士の歌」

 

リヒャルト・ワーグナーの「ヴァルキューレ」の「乙女の騎行」など

オペラからの派生ジャンル

オペレッタ:軽妙な要素が取り入れられた劇的な音楽劇。
オペラブッファ:喜劇的な要素が強調されたオペラの一種。
オペラ・コメディ:喜劇的な要素が取り入れられたオペラのジャンル。
ミュージカル:歌とダンスを主要な表現手段とする舞台作品。
Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

コメント

タイトルとURLをコピーしました