ケルト音楽の特徴と歴史【音楽ジャンル辞典56】

ケルト音楽の特徴と歴史 楽曲・ジャンル辞典
ケルト音楽の特徴と歴史【音楽ジャンル辞典56】
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

▲プロのクリエイターや歌い手の大御所たちもこぞって使う名プラグイン!『JJP VOCALS』 ややこしい設定ともおさらば。ヴォーカル処理が一撃で決まります。サウンドに埋もれない「抜け感」と「厚み」を手軽に作りたい方におすすめ。2度のグラミー受賞歴を誇るエンジニア界のレジェンド「ジャック・ジョセフ・プイグ(Jack Joseph Puig)」氏のボーカル処理テクニックを体感できる。

ケルト音楽の特徴と歴史【音楽ジャンル辞典56】

今回は、ケルト音楽について音楽的特徴や歴史をわかりやすく解説していきます。

ケルト音楽は、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、ブリトン諸島などのケルト文化を持つ地域で生まれた音楽のジャンルです。伝統的な楽器やメロディを用い、しばしば民話や伝説、自然などのテーマを表現します。特徴的な楽器には、アイリッシュフィドル、バグパイプ、ティンホイッスル、ハープなどがあります。ケルト音楽は、その情緒豊かなメロディと力強いリズムで知られています。



ケルト音楽(ケルトおんがく)、または、ケルティック・ミュージックとは、レコード会社、音楽メディア、ジャーナリズムなどによって、1990年代以降の伝統音楽をベースとするポップスやロックから、民族風の現代の音楽まで幅広い音楽につけられた多国籍音楽産業の用語である。民俗音楽がワールドミュージックとして世界に売り出すうえでわかりやすい商標となった一方、民俗音楽のルーツを薄める用語としてミュージシャンたちから疑問視する声も上がっている。近年ではこの用語の濫用が進み、作曲家によって作られるゲーム音楽、アニメ音楽、ポピュラー音楽、ムード音楽、BGM、民族風オリジナルソングなども含む。

Wikipedia「ケルト音楽」より引用

関連記事:ワールドミュージックの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典㊵】

ケルト音楽の音楽的特徴

ケルト音楽の音楽的特徴は、以下のような要素が挙げられます。

1. メロディの複雑さ

ケルト音楽は、独特の旋律やメロディが特徴であり、しばしば複雑さや情緒豊かさを持っています。これは、ケルト文化の豊かな伝統や物語が反映されたものであり、聴衆を魅了する要因の一つです。

2. リズムの変化

ケルト音楽は、様々なリズムパターンやテンポの変化が特徴です。これは、舞踏やダンスの要素が強く、活気ある演奏やリズミカルな動きが特徴的です。

3. 和声の豊かさ

ケルト音楽では、しばしば複数の楽器やボーカルが複雑な和声を奏でます。伝統的な楽器や現代的な楽器が組み合わされ、豊かな音響を生み出します。

4. ダイナミックな表現

ケルト音楽は、しばしば情緒的な表現やダイナミックな演奏が特徴です。穏やかな旋律から情熱的なクレッシェンドまで、さまざまな表情が楽曲全体に散りばめられています。

これらの音楽的特徴は、ケルト音楽の豊かな魅力と多様性を表しており、多くの人々に愛されています。

ケルト音楽で使われている楽器

ケルト音楽でよく使われる音色には、以下のような楽器が含まれます。

1. フィドル:ケルト音楽では、フィドルが重要な楽器として使用されます。しばしば舞踏やダンスの伴奏に用いられ、複雑な旋律や情緒豊かなメロディを奏でます。
2. ハープ:ケルト音楽においては、伝統的なケルトハープが重要な役割を果たします。美しい音色と独特の響きが、ケルト音楽の雰囲気をより豊かにします。
3. バグパイプ:バグパイプは、ケルト音楽の象徴的な楽器の一つです。独特の響きやパワフルな音色が、ケルトの伝統的な曲に活気とエネルギーをもたらします。
4. ボディラン:ボディランは、ケルト音楽においてリズムセクションで用いられる伝統的なパーカッション楽器です。軽快なリズムやタップダンスの伴奏に使用されます。
5. ボーカル:ケルト音楽では、しばしば独特のボーカルスタイルが特徴です。力強い歌声や美しいハーモニーが、感情豊かな歌詞や物語を伝えます。

これらの楽器が組み合わさり、ケルト音楽の独特の雰囲気や魅力を生み出します。

ケルト音楽の歴史

ケルト音楽の歴史は、古代ケルト文化の時代から現代までさかのぼります。以下は、ケルト音楽の主な歴史的な節目です。

1. 古代ケルト文化:ケルト音楽の起源は古代ケルト文化に遡ります。ケルト人は、イギリス、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、フランスなどの地域に住んでおり、彼らの伝統的な音楽はその地域の文化と密接に結びついています。
2. 中世からルネサンス期:中世からルネサンス期にかけて、ケルト音楽はキリスト教化され、教会音楽の影響を受けました。この時期には、宗教的な合唱曲や賛美歌などが作曲され、ケルト文化とキリスト教の融合が見られました。
3. 近代以降:18世紀から19世紀にかけて、ケルト音楽は地域の民族主義の再興と共に再評価されました。19世紀後半から20世紀にかけて、ケルト音楽は民俗音楽として再興し、録音技術の発展により広く普及するようになりました。
4. 現代:現代のケルト音楽は、伝統的な楽器やメロディを取り入れながらも、現代的なアプローチや新しい要素を取り入れることがあります。多くのケルト音楽のアーティストやバンドが、伝統的な音楽をリバイバルさせながらも、新しい音楽のスタイルやアイデアを取り入れています。

ケルト音楽の歴史は、その多様性と豊かさを示しています。古代から現代に至るまで、ケルト音楽はその独自の魅力を保ちながら、世界中の聴衆を魅了し続けています。

ケルト音楽で有名なアーティスト

ケルト音楽で有名なアーティストには、以下のような人物が含まれます。

1. クラン・アダム:アイルランドの伝統的なケルト音楽のバンドで、アイルランドの音楽シーンで高い評価を得ています。
2. ザ・チーフタンズ:アイルランドの伝統的なケルト音楽のバンドで、世界的に有名であり、多くの賞を受賞しています。
3. エニヤ:アイルランド出身のシンガーソングライターで、彼女の音楽はケルト音楽の要素を取り入れていますが、ポップスやニューエイジの要素もあります。
4. アルタン:アイルランドのトラディショナル・ケルト音楽バンドで、伝統的なアイリッシュ・フィドル音楽を演奏しています。
5. シャロン・シャノン:アイルランドの伝統的なケルト音楽のアコーディオン奏者で、ケルト音楽界では非常に尊敬されています。

これらのアーティストは、ケルト音楽の伝統を受け継ぎながらも、新しいアイデアやスタイルを取り入れており、世界中で人気を博しています。

ケルト音楽の名曲

ケルト音楽の名曲は数多くありますが、その中でも特に有名なものの一部を挙げるとすれば、以下が挙げられます。

 

1. “Danny Boy”

伝統的なアイルランドのバラードで、愛や別れをテーマにした歌詞と美しいメロディが特徴です。

 

2. “The Parting Glass”

伝統的なアイリッシュ・スコットランドの曲で、別れや別れの場面で歌われることが多い曲です。

 

3. “Molly Malone”

アイルランドの民謡で、ダブリンの市民の中で愛されている曲です。

 

4. “Scarborough Fair”

イギリスのフォークソングで、古典的なケルト音楽の曲として広く知られています。

 

5. “Wild Mountain Thyme”

スコットランドのフォークソングで、美しい自然と愛を歌った曲です。

これらの曲は、ケルト音楽の豊かな伝統と魅力を示しており、世界中の聴衆に愛されています。

ケルト音楽からの派生ジャンル

ケルト音楽の派生ジャンルにはいくつかありますが、その中でも特に注目されるものを以下に示します。

1. ケルト・ロック:ケルト音楽とロック音楽の融合。伝統的なケルト楽器やメロディに、ロックのリズムやエレクトリックギターが取り入れられています。
2. ケルト・パンク:ケルト音楽とパンクロックの融合。アグレッシブなパンクのエネルギーと、伝統的なケルトのメロディや歌詞が組み合わさっています。
3. ケルト・フォーク:ケルト音楽とフォーク音楽の融合。伝統的なケルト楽器やスタイルを取り入れつつ、フォークのシンプルでストーリー性のあるアプローチが特徴です。
4. ケルト・ニューエイジ:ケルト音楽とニューエイジ音楽の融合。伝統的なケルトのメロディや楽器を用いつつ、リラックスした雰囲気や精神的な要素を重視した音楽です。

これらの派生ジャンルは、ケルト音楽の伝統を受け継ぎながらも、新しいスタイルやアイデアを取り入れています。

関連記事:ソカの特徴と歴史【音楽ジャンル辞典55】

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

コメント

タイトルとURLをコピーしました